京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

東寺の桜2017。見頃や開花状況。ライトアップあり。

東寺は、京都の桜の名所の1つです。
京都散策していた時に、その事を県外から訪れた人に話したら、驚かれました。

春になると不二桜などがライトアップ。
注目はされるのですが、意外に知らない人が多いのかもしれませんね。

東寺と言えば、世界遺産に指定されている寺院。
また、五重塔を始めとした歴史ある建物が存在します。

多分ですが、この歴史的建造物の凄さが、桜の事を覆い隠しているのではないでしょうか。

やはり東寺の主役は、国宝に指定されている金堂や御影堂、五重塔。
そして、文化的価値が高い仏像や絵画になります。
主役に光が強すぎるほど、脇役は目立ちませんから。

しかし、東寺の桜は脇役といっても名脇役。
今回は、美しい東寺の桜を紹介します。

【スポンサーリンク】



東寺の桜。開花情報や見所

東寺の桜

東寺には、河津桜や染井吉野が咲きます。
その中でも、有名なのが不二桜。

不二桜という名は、弘法大師の不二の教えから命名されました。
品種でいうと、八重紅枝垂れ桜となります。

この桜が東寺にやってきたのは、最近の事です。
もともとは、岩手県盛岡市の旧家に植えられていました。

その後、秋田県や三重県に移植され、大切に育てられた桜。
弘法大師入唐求法の旅より帰朝された1200年記念に、東寺へと寄進されました。
平成18年(2006)の事です。

高さ13メートル・枝張り10メートルの八重紅枝垂れ桜。
移植可能な桜としては、国内最大級のものとなります。

先ほども書きましたが、この不二桜を含め全てが名脇役です。
良い脇役の条件は、決して出過ぎず、かつ主役を光らせる事。

まさに東寺の桜にピッタリです。
満開時に五重塔へとかかる桜は、五重塔をより魅力的に演出してくれます。

それなのに決して主張し過ぎず、あくまで脇役に徹する奥ゆかしさ。
これぞ京都の桜ではないでしょうか。

東寺は、京都随一の名所です。
京都旅行に訪れる人なら、知らない人はまずいません。

その反面、桜の名所としての知名度は、若干低め。
そのため、他の桜の名所程は混雑しない可能性があります。

桜の穴場と言うには参拝者は多いかもしれませんが、京都駅から徒歩でも行く事が出来るので、春にぜひ訪れて下さい。

東寺の桜は、私の中ではかなりオススメです。
ぜひその名脇役っぷりを見て、褒めて上げて下さい。

東寺の桜、ライトアップ情報

東寺の桜はライトアップされ、夜桜を楽しむ事が出来ます。
ライトアップ開催期間は、2015年3月22日~4月12日まで。
時間は、午後18時30分から21時30分となっています。

東寺の桜の見頃や開花情報

今年の東寺の桜の見頃や開花情報です。

平成29年(2017)の開花状況
平成29年(2017)3月28日:つぼみ。
平成29年(2017)4月5日:不二桜、見頃。染井吉野、見ごろ手前。
平成29年(2017)4月7日:満開、見頃です。

過去の東寺の桜の開花状況

例年だと、東寺の桜は4月上旬頃に見ごろを迎えます。
ライトアップ期間の初めだと、まだ開花したてかもしれません。

それでは、過去の東寺の桜の開花状況です。
今年の開花予想に役立てて下さい。

平成27年(2015)の開花状況
平成27年(2015)3月7日:河津桜が咲き始め。
平成27年(2015)3月26日:河津桜がほぼ見頃。
平成27年(2015)3月31日:不二桜、見頃一歩手前。
平成27年(2015)4月2日:不二桜も見頃です。

平成28年(2016)の開花状況
平成28年(2016)3月31日:不二桜、五・六分咲き。
平成28年(2016)4月1日:不二桜、満開。他も見頃です。
平成28年(2016)4月5日:見ごろ継続中。
平成28年(2016)4月9日:散ってます。

東寺の桜の写真

f:id:sarunokinobori:20150306112401j:plain
御影堂前の河津桜。

-平成28年(2015)3月7日-

f:id:sarunokinobori:20160923194432j:plain
五重塔と枝垂れ桜。

-平成28年(2016)4月2日-

東寺までのアクセス

京都駅から徒歩20分。
または、近鉄東寺駅まで乗車、徒歩10分です。

市バスだとは、16・19・42・78番に乗車して、東寺南門前で下車すぐ。
南の他には、東・西門前です。

f:id:sarunokinobori:20150215180318j:plain

他の京都の桜の名所はこちらから
京都の桜。見ごろや開花時期。桜の名所も掲載中。

京都駅から徒歩で東寺へ行く場合は、こちらを参照して下さい。
東寺へのアクセス。京都駅から徒歩での行き方を紹介。

東寺の関連情報
東寺の初弘法。