読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

東寺の紅葉2017、見ごろや現在の状況。ライトアップあり。

東寺は、京都市南区にあります。
京都のシンボル的存在の五重塔があるお寺です。

JR京都駅から徒歩でアクセスも可能な東寺。
気軽に行く事が出来るのが出来ますよ。

東寺は、京都の世界遺産の1つです。
それなのに、境内の散策が無料で出来るの嬉しいです。

そんな東寺の紅葉は、五重塔を赤く彩ります。
瓢箪池に写る紅葉も、美しいです。

今回は、そんな東寺の紅葉の見ごろや現在の状況の紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



東寺の紅葉の色づき具合

東寺の紅葉

東寺の紅葉は、五重塔を背景に楽しめます。
五重塔を彩るように赤く染まる紅葉は、とても綺麗ですよ。

f:id:sarunokinobori:20161120232405j:plain
例年の東寺の紅葉の色づき始めが、11月中旬。
そして、見頃が11月下旬から12月上旬です。

東寺は、先ほど書いた通り境内は無料。
金堂・講堂の拝観に、拝観料金が必要となります。

金堂・講堂の拝観料金は、大人500円・高校生400円・中学生以下300円。
これに五重塔初層内部の拝観が加わると、大人800円となります。

東寺の紅葉の観賞場所や撮影スポット

東寺の紅葉の観賞場所や撮影スポットの紹介です。

五重塔

五重塔の北側に位置する場所に池が存在。
この瓢箪池の周辺の木々が、五重塔を背景に美しく紅葉します。

京都を代表する光景の1つの五重塔。
その五重塔と紅葉のコラボレーションは、見応えありです。

また、池に写り込む紅葉も美しいの一言。
池周辺は散策出来るので、ぜひお気に入りの場所を発見して下さい。

ちなみに、池周辺に行くには拝観入り口を通らなければなりません。
拝観料金が必要となるので、ご注意ください。

東寺の紅葉のライトアップ

秋の東寺では、ライトアップが催されます。
期間は、平成28年(2016)10月28日から12月4日まで。

時間は、18時30分から21時30分。
拝観料金は、800円です。

昼間と違った雰囲気を楽しみたい方。
夜の東寺へ訪れてみてはいかがでしょうか。

ライトアップされた伽藍を見る事が出来ますよ。
古き良き建造物と光の共演を、楽しんで下さい。

東寺で紅葉狩り

毘沙門堂で、紅葉を撮影。(※)
ちょうど見頃だったので、大満足。

(※毘沙門堂の紅葉の写真は、こちらに掲載しています。
毘沙門堂の紅葉、見頃や現在の状況。ライトアップなし。

その後、JR山科駅からJR京都駅へ移動。
そこから、東寺へと紅葉を見に行きました。

JR京都駅から東寺までは、徒歩圏内です。
約1.2キロほど歩けば到着します。

f:id:sarunokinobori:20161120232420j:plain
まずは、宝蔵の横から五重塔を撮影。
水に五重塔が映り込むので、意外と綺麗に見える場所です。

f:id:sarunokinobori:20161120232437j:plain
宝蔵と小野道風ゆかりの柳と紅葉。

f:id:sarunokinobori:20161120232446j:plain
一部青葉もありますが、ほぼ見頃です。

f:id:sarunokinobori:20161120232457j:plain
講堂と金堂の横にある木も、色づいていました。

f:id:sarunokinobori:20161120232508j:plain
そして、講堂と金堂の間にある紅葉となります。

f:id:sarunokinobori:20161120232520j:plain
南大門付近は、イチョウは見事に色づいていました。

f:id:sarunokinobori:20161120232547j:plain
南大門前から見る五重塔も、なかなか綺麗です。

f:id:sarunokinobori:20161120232617j:plain
南大門から出て、西(右)へ少し移動。
そこで、撮影しました。

五重塔や黄葉が、堀の水に映り込みます。
ここは、撮影にはオススメの場所です。

f:id:sarunokinobori:20161120232626j:plain
南大門を出て西に行くと、歩道橋があります。
その上から撮影した写真です。

ここも、オススメの場所の1つです。

f:id:sarunokinobori:20161120232639j:plain
そして、御影堂と大日堂前の門の横の紅葉。
こちらは、見頃を迎えていました。

東寺の紅葉の現在の状況は、境内全体ほぼ見頃といった感じです。
見応えがある紅葉を見る事が出来ると思います。

-平成28年(2016)11月18日撮影-

東寺の紅葉の見頃の時期と状況

今年の東寺の紅葉の見ごろや色づき具合を紹介です。

平成29年(2017)
平成29年(2017)10月:-。

過去の東寺の紅葉の見ごろ情報

過去の見頃を知る事により、今年の見ごろの予想に役立てて下さい。

平成26年(2014)の色づき具合
平成26年(2014)11月12日:色づき始め。
平成26年(2014)11月23日:ほぼ見頃。

平成27年(2015)
平成27年(2015)11月1日:瓢箪池の周辺の木々が色づき始め。
平成27年(2015)11月9日:一部ほぼ見頃、しかし青葉もあり。
平成27年(2015)11月13日:本格的な見ごろまで二歩程手前。
平成27年(2015)11月21日:一部紅葉中。しかし、まだ見頃ではありません。
平成27年(2015)11月27日:一部見頃です。
平成27年(2015)12月3日:見頃です。

平成28年(2016)
平成28年(2016)10月25日:薄ら色づき始め。
平成28年(2016)11月2日:放生池・五重塔、色づいてきています。
平成28年(2016)11月8日:放生池・五重塔、順調に赤くなっています。
平成28年(2016)11月12日:放生池・五重塔、さらに色づいています。
平成28年(2016)11月14日:放生池・五重塔、一部見頃です。
平成28年(2016)11月16日:境内全体、一部見頃。
平成28年(2016)11月18日:境内全体、ほぼ見ごろです。(※)
平成28年(2016)11月22日:見ごろです。(※)
平成28年(2016)11月26日:見頃継続中。(※)

東寺の駐車場

東寺には、駐車場があります。
自家用車は、2時間600円です。

ただし、毎月21日の弘法市の日は利用できません。
ご注意ください。

東寺へのアクセス

東寺の行き方。

JR京都駅から徒歩15分。

近鉄京都駅から乗車。
1駅目の東寺駅で下車して、徒歩10分。

f:id:sarunokinobori:20150215180318j:plain
(周辺地図)

京都の紅葉の名所
京都の紅葉、見頃や時期。名所や穴場も掲載。