京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

太陽が丘のプール2016、料金や駐車場、混雑情報。

太陽が丘ファミリープールは、京都府宇治市にあります。
京都の中でも施設が充実したプールです。

京都にある屋外プールの中でも口コミも良い方。
入場料金も、妥当な料金ではないでしょうか。

ウォーターボブスレーやスライダーもあり。
泳ぐ目的以外でも、楽しめます。

また、子育てパスポートも存在。
京都府内在住で小学6年生までの子供がいる家庭の場合。

1家族で保護者1名が無料となります。
保護者分が割引になると考えると、かなりお得です。

それでは、太陽が丘のプールの紹介です。
営業時間や駐車場、混雑、割引情報。

【スポンサーリンク】



太陽が丘のプールの見所

太陽が丘のプールの概要

太陽が丘のプールの概要を説明します。

営業時間と入場料金

営業期間は、7月15日~8月31日まで。
営業時間は、9時から17時となっています。

夏休み期間に利用できるプールです。

利用料金は、大人:1,000円・高校生:700円・小中学生:450円。
幼児:100円、3才以下が入場が無料となります。

コインロッカー代は、100円です。

プールなど種類

1.造波プール。
メインプールで、大人から子供まで楽しめます。
最高80cmまで上る波や白玉砂利を敷き詰めた浜など。

なぎさ感を出しているプールです。

2.トレーニングプール。
25m、7コースのトレーニングプール。
噴水や壁泉もあります。

3.子供プール。
幼児専用のプールです。
けい流や噴水などがあります。

4.ウォーターボブスレー。
専用マットを利用して滑る事が出来ます。

5.スライダー。
子供用の12mの滑り台です。

割引券などの有無

子育て応援パスポートを利用すると、保護者1人が無料になります。

対象:京都府内在住で、小学6年生までの子供がいる家庭。
内容:1家族で保護者1名のみが無料。

注意点は、太陽が丘では子育てパスポートの発行が無い事。
事前に発行場所に訪れて、子育て応援パスポートを貰って下さい。

利用料金は、大人1,000円。
1,000円割引と考えると、かなりの節約になります。

売店や食事

プール敷地内には、売店が4店舗ほど存在しています。
食事に利用してはいかがでしょうか?

お盆などの混み具合

気になるのが、混み具合です。
平日は、それ程気にする事はないと思います。

ただ、休日やお盆の時期は、やはり混雑します。
平日を狙うのが無難ではないでしょうか。

太陽が丘の駐車場

太陽が丘には、駐車場が存在しています。
有料駐車場です。

63台止める事が出来ます。
普通自動車1台1回につき400円です。

太陽が丘へのアクセス

京阪・JR宇治駅から「太陽が丘」行バスに乗車。
「太陽が丘ゲート前」・「太陽が丘西ゲート」で下車。

f:id:sarunokinobori:20160720211507j:plain
(周辺地図)