京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

須磨離宮公園のバラ2016、見頃や開花状況。

須磨離宮公園は、兵庫県神戸市須磨区にあります。
敷地の大きさは、約248,484坪。
甲子園球場が、約20個入る大きさです。

四季の花々が楽しめる公園として、人気があります。
私も何度か訪れたことがあるのですが、広大な敷地のおかげか、混雑を感じた事は1度もありません。

のんびりと園内を散策しました。
ただ、ゴールデンウィーク中やイベント開催時は、混雑すると思います。

そんな須磨区民の憩いの場である須磨離宮公園。
初夏のこの時期、噴水広場に咲き誇るバラ園の薔薇が綺麗です。

【スポンサーリンク】



須磨離宮公園の薔薇の開花情報

須磨離宮公園のバラ

須磨離宮公園のバラは、正面入口から入ってすぐの噴水広場に咲いています。

王侯貴族のバラ園と呼ばれるこの場所には、皇族や王族、芸術家などの名を冠したバラが勢ぞろい。

f:id:sarunokinobori:20150509213112j:plain
ゴールド・バニー。

f:id:sarunokinobori:20150509213120j:plain
プリンセス・ミチコ。

他にも、ミケランジェロやクィーン・エリザベスなどが、観賞可能。
約180種4,000株のバラが、出迎えてくれますよ。

見頃の時期は、春と秋。
5月中旬から6月下旬、10月中旬から11月下旬の2回。
この年2回の見ごろは、他のバラの名所でも同じですね。

近くで見るも良し、レストハウスまで上ってバラ園全体を見下ろすも良しです。

須磨離宮公園の概要

須磨離宮公園は、入園料が必要な公園です。
大人400円、小中学生200円。

開園時間が、9時から17時まで。
休園日が、毎週木曜日と年末年始になっています。

須磨離宮公園のバラの見ごろと開花状況

今年の須磨離宮公園のバラの開花情報です。

平成28年(2016)
平成28年(2016)5月8日:見頃手前。

須磨離宮公園のバラの見ごろと開花状況

過去の須磨離宮公園のバラの開花情報です。

最新開花情報
平成27年(2015)5月5日:咲き始め。
平成27年(2015)5月8日:5~6分咲き。
平成27年(2015)5月12日:見ごろを迎えました。
平成27年(2015)5月16日:まだ見頃です。
平成27年(2015)5月20日:見応え十分。
平成27年(2015)5月24日:ピークは過ぎましたが、まだ観賞可能。
平成27年(2015)5月30日:まだ見頃は継続中。

須磨離宮公園の駐車場

須磨離宮公園駐車場に、272台。
須磨離宮公園の植物園駐車場(予約制)に22台が駐車可能です。

両駐車場とも身障者用に5台、スペースが確保されています。

有料で1日1回、乗用車500円・二輪車100円、バス2,000円です。

須磨離宮公園へのアクセス

須磨離宮公園への行き方です。

山陽電車・月見山駅から徒歩約10分。
JR須磨駅から路線バスに乗車、離宮公園前で下車してすぐ。

f:id:sarunokinobori:20150509213149j:plain
(周辺地図)