読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

志古淵神社の久多花笠踊2016。

京都観光 京都市左京区 京都の祭事・行事 京都の神社

志古淵神社は、京都市左京区にあります。
左京区久多の産土神、安曇川沿流一円の地主神です。

左京区の中でも北端にある志古淵神社。
京都市の中心地から行く場合は、遠い所にあります。

そんな志古淵神社で、夏恒例の行事が存在。
志古淵神社の久多花笠踊です。

国の重要無形民俗文化財に指定されています。
また、境内は京都市文化財環境保全地区に指定。

今回は、志古淵神社の久多花笠踊を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

【スポンサーリンク】



志古淵神社の久多花笠踊の見所

志古淵神社の久多花笠踊の概要

志古淵神社の久多花笠踊は、夏に行われる恒例の行事です。
今年の開催期間は、平成28年(2016)8月24日。

時間は、19時から22時30分頃まで。
拝観料金は、必要ありません。

久多花笠踊は、志古淵神社に念仏踊を奉納する行事です。
室町時代から続く風流踊の一つとなっています。

当日は、豊作祈願・五穀豊穣の成就に感謝し、花笠を持った10人ほどの青年達が、念仏風の文句を唱え、太鼓や鉦に合わせて花笠をゆすって踊ります。

ルートは、上の宮神社から大川神社を巡り、志古淵神社境内で奉納です。

冒頭にも書きましたが、国の重要無形民俗文化財に指定。
伝統ある行事となっています。

注意点は、開催時間が夜だという事。
場所が場所だけに、帰りの公共交通機関がありません。

見に行こうと思っている方は、車を利用した方が良いと思います。
ただ車でい行く場合も、京都側からだと隘路のため厳しいとか。

一旦大津市へ抜けて、県道・府道を利用するのが無難だそうです。
ただし、このルートでも道が険しいそうですが……。

志古淵神社の駐車場

一部駐車場があるそうです。
ただし、夜間に利用できるかわかりません。

志古淵神社へのアクセス

志古淵神社への行き方です。

京都バス広河原行「能見口」で下車、徒歩9キロ。
または、滋賀県大津市「葛川梅ノ木」から徒歩7キロ。

f:id:sarunokinobori:20160805210509j:plain
(周辺地図)