京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

三千院の桜2017。見頃や開花状況。

三千院は、京都市左京区大原にある寺院です。
春になると三千院の境内に、桜が綺麗に咲く事でも知られています。

桜の事を書く前に、簡単に三千院の紹介です。

三千院の寺名は、デューク・エイセスの「女ひとり」で、知っているの人も多いのではないでしょうか。
「京都大原三千院、恋に疲れた女がひとり」という歌詞から始まる、あの歌です。

三千院の始まりは、延暦年間(782~806)に、最澄が比叡山東堂に一寺院を開いたと伝えられています。

皇族が住持する門跡寺院で、天台宗の三門跡寺院(※)の1つです。
(※他は、青蓮院、妙法院)

ちなみに最澄は、天台宗の開祖。
清和天皇より伝教大師の贈り名を賜って以降、伝教大師最澄とも呼ばれています。

京都の北、自然豊かな大原の里にある三千院は、静寂に包まれ、また空気が澄んでおり、心も体もリフレッシュ出来る場所です。

俗世間を逃れて静かに暮らしたいと思った貴人や仏教修行者達が、この地を選んだ理由が分かります。

ただかつての隠棲の地だけあって、京都市の中心地から遠い。
自家用車を持っている方は、車で訪れるのがベターだと思います。

そんな三千院の桜の紹介です。
見ごろや開花情報、見所などを掲載中。

【スポンサーリンク】



三千院の桜。見ごろや開花情報

三千院の桜

三千院の境内に、約300本の桜が植えられています。
種類は、山桜やソメイヨシノ、枝垂桜です。

見所は、静寂の中で観賞できる事でしょうか。
場所が場所なので、混雑を感じる程観光客もいません。

奥の院や御殿門前のしだれ桜が美しいと評判です。

三千院の桜の様子

この動画を見れば、少しは三千院の桜の美しさが伝わるのではないでしょうか。

三千院は京都の北にあるため、桜の開花時期が若干遅いのが特徴です。
4月中旬の訪れると、ちょうどいい感じで桜が楽しめますよ。

3月下旬から4月上旬に、京都に旅行が出来ずに中旬にズレてしまった方。
三千院まで行けば、情緒ある美しい桜が観賞できます。

三千院の桜の見頃と開花情報

今年の三千院の桜の見頃と開花情報です。

平成29年(2017)
平成29年(2017)3月28日:つぼみ。
平成29年(2017)4月2日:まだつぼみ多し。
平成29年(2017)4月10日:咲き始め。
平成29年(2017)4月16日:見頃です。

過去の三千院の桜の開花状況

過去の三千院の桜の開花状況です。

平成27年(2015)
平成27年(2015)3月31日:咲き始め。
平成27年(2015)4月8日:見ごろ一歩手前。
平成27年(2015)4月13日:見ごろです。

平成28年(2016)
平成28年(2016)4月1日:まだつぼみが多いです。
平成28年(2016)4月5日:見頃手前。
平成28年(2016)4月8日:見ごろになりました。

三千院へのアクセス

京都駅から市バス17系統に乗車。
60分程で大原バス停に到着、徒歩7~9分で三千院。

f:id:sarunokinobori:20150228141144j:plain

車で三千院へ訪れる場合、三千院には駐車場がないため、近くのパーキングを利用する事になります。

調べると、大原女駐車場がありました。
料金は1日500円、30台収容可能。

料金は変更されている場合がありますので、必ず事前に問い合わせて下さい。
何か不利益がありましても、責任を負いかねます。
ご理解ご了承の程、よろしくお願いします。

他の京都の桜の名所はこちらから。
京都の桜。見ごろや開花時期。桜の名所も掲載中。