読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

三十三間堂の太閤椿。

三十三間堂を訪れた時、太閤椿を見てきました。
その時の写真は、「三十三間堂の太閤椿」に掲載しています。

三十三間堂は、京都市東山区にあるお寺です。
三十三間堂と言えば、千体の千手観音立像が思い浮かびます。

仏像が整然と並ぶ様子は、圧巻の一言。
ぜひ、1度は目にして欲しい光景です。

しかし、三十三間堂の魅力は、それだけではありません。
季節の花々が、楽しめるのも見所の1つです。

春の花は、河津桜や梅。
そして、椿が楽しめます。

椿は、太閤椿と呼ばれるものです。
普通の椿よりも、少し大きめに咲きます。

今回は、三十三間堂の太閤椿を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



三十三間堂の太閤椿の見所

三十三間堂の太閤椿

三十三間堂を訪れたのは、3月3日の事です。
なぜこの日に、三十三間堂を訪れたのか。

それは、三十三間堂の春桃会が行われる日からです(※)。
この日は、拝観料金が無料となります。

(※三十三間堂の春桃会については、こちらを参照して下さい。
三十三間堂の春桃会。桃のお守りの授与あり。

f:id:sarunokinobori:20170306231244j:plain
三十三間堂に、到着しました。

三十三間堂には、この他に無料拝観日が設けられています。
1月15日に行われる通し矢の日です。

この日は、大混雑します。
その日と比較すると、混雑はしていませんでした。

混雑していない方が、ゆったりと境内を散策出来るので嬉しいです。
まずは、千体の千手観音立像を、鑑賞。

その後、境内をぷらぷら。
三十三間堂の季節の花を、楽しみました。

その中の1つが、椿です。

f:id:sarunokinobori:20170306231236j:plain
三十三間堂の椿は、太閤椿と呼ばれています。
品種は、大盃です。

咲いている場所は、本堂の東側。
写経奉納塔の周辺です。

f:id:sarunokinobori:20170306231258j:plain
太閤椿は、加藤清正が豊臣秀吉に献上したと椿と伝えられています。
見頃の時期は、3月下旬から4月上旬です。

三十三間堂の太閤椿は、見ごろでした。
しかし、それでも十分見応えはあります。

f:id:sarunokinobori:20170306231303j:plain
春は、京都に多くの観光客が訪れる季節です。
その中には、三十三間堂を拝観する方もいると思います。

もちろん、メインは国宝の仏像や千体の千手観音立像です。
これは、間違いありません。

しかし、その後に境内をぷらぷら。
季節の花も楽しんで下さいね。

f:id:sarunokinobori:20170306231309j:plain
ちなみに、こちらが写経奉納塔です。

三十三間堂への駐車場

三十三間堂には、駐車場があります。
車で行かれる方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

三十三間堂へのアクセス

京都駅から市バス100・206・208系統に乗車。
博物館三十三間堂前で下車、すぐ。
徒歩だと30分ぐらいで到着します。

f:id:sarunokinobori:20150217144613j:plain

三十三間堂の四季
三十三間堂の河津桜。