読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

西福寺の梅。

京都観光 京都市東山区 京都の梅 京都のお寺

西福寺を訪れた時、梅を見てきました。
その時の写真は、「西福寺の梅」に掲載しています。

西福寺は、京都市東山区にあるお寺です。
正式名称は、桂光山敬信院といいます。

本尊は、阿弥陀如来坐像。
そして、境内には子育地蔵が鎮座しています。

この子育地蔵は、地元の方達から信仰が厚いです。
子供の健康や病気平癒に、ご利益があります。

そんな西福寺へ、訪れました。
西福寺では、ちょうど京の冬の旅のイベントが開催中。

そのため、境内は拝観受付前までしか、見る事が出来ませんでした。
普段は、無料で境内を散策出来ます。

今回は、その智積院の梅を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



西福寺の梅の見所

西福寺の梅

西福寺は、拝観寺院ではありません。
そのため、無料で境内を見る事が出来ます。

それ程広くはないので、あっという間の拝観ですが……。
それでも、子育地蔵などを見る事が出来ます。

しかし、今回訪れた時は、京の冬の旅のイベントの最中でした。
ちょうど境内の真ん中くらいに、拝見受付が設けられています。

そのため、それ程がっつりとは拝観出来ませんでした。

f:id:sarunokinobori:20170314213055j:plain
それでも、西福寺に入ろうと思ったには、訳があります。
写真を左上を見て下さい。

ピンクの花が咲いているのが、分かると思います。
見ごろを迎えた梅の花です。

この梅の花を、境内から見たかったから中へと入りました。

f:id:sarunokinobori:20170314213101j:plain
外から見ると、このような感じで咲いています。
見頃を迎えた梅は、色づきも良く、迫力がありました。

f:id:sarunokinobori:20170314213109j:plain
境内から見る西福寺の梅の花です。
梅の木の前に建物があるため、全体を見る事が出来ませんでした。

少し残念です。

f:id:sarunokinobori:20170314213147j:plain
西福寺の境内には、鉢植えのしだれ梅が置いてありました。

f:id:sarunokinobori:20170314213155j:plain
鉢植えの場合、初めに見た梅の花に比べ、迫力は負けています。
しかし、近くでじっくり見る事が出来る点では、勝っています。

梅の花を目の前で見る事が出来て、大満足です。

-平成29年(2017)3月3日参拝-

西福寺の駐車場

西福寺には、駐車場がありません。
周辺の駐車場をご利用ください。

西福寺へのアクセス

西福寺への行き方です。

京阪・清水五条駅で下車、徒歩10分。

京都駅からだと市バスに乗車。
五条坂の停留所で下車して、徒歩約10分。

f:id:sarunokinobori:20160113210127j:plain
(周辺地図)