読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

龍吟庵の紅葉。特別公開の方丈で観賞。

京都のお寺 京都の庭 京都の紅葉 京都市東山区 京都観光

龍吟庵は、東福寺の塔頭の1つです。
方丈は国宝に指定されており、特別公開時に見る事が出来ます。

龍吟庵にある庭では、紅葉を観賞する事も可能です。
庭園は、方丈の東・西・南に配置されています。

東庭「不離の庭」、西庭「龍の庭」、南庭「無の庭」。
昭和の作庭家・重森三玲の手による枯山水庭園です。

紅葉が一番美しいのは、龍の庭だと思います。
龍が海中から昇天する姿を、石組みによって表現している庭園です。

特別公開の期間は、平成28年(2016)11月1日から12月4日、まで。
拝観時間は、9時から16時となっています。

拝観料金は、500円です。
書置きですが、御朱印も授与されています。

今回は、龍吟庵の紅葉を紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



龍吟庵の紅葉の色づき具合

龍吟庵の紅葉と庭園

龍吟庵の紅葉は、方丈を囲む3つの庭園で観賞出来ます。
重森三玲が、昭和39年に作庭した庭です。

f:id:sarunokinobori:20161120191927j:plain
例年の龍吟庵の紅葉の色づき始めが、11月上中旬。
そして、見頃が時期が11月下旬頃となっています。

無の庭

方丈の正面にあるのが、南庭「無の庭」。
苔や草、石組などもなく、あるのはただ白砂のみ。

龍の庭

f:id:sarunokinobori:20161120190835j:plain
方丈の正面左にあるのが、西庭「龍の庭」。
龍が海中から黒雲を得て昇天する姿を表現した庭です。

白砂は海、黒砂は黒雲、竹垣が稲妻。
そして、青石で龍頭を表現しています。

龍吟庵の名にちなんだ庭なので、見応えがありますよ。

不離の庭

f:id:sarunokinobori:20161120190856j:plain
方丈の正面右にあるのが、東庭「不離の庭」。
大明国師が狼に襲撃されそうになっている所、二頭の犬が守ったという、幼少の頃の故事から作庭された庭園です。

赤砂を敷いた砂の中央に、長方形の石を配置。
そして、その前後に白黒の二石が置かれてます。

各庭園の写真は、紅葉狩りの項に掲載中です。
良かったら、参照して下さい。

龍吟庵の紅葉の観賞場所や撮影スポット

龍吟庵の紅葉の観賞場所や撮影スポットの紹介です。

龍吟庵の庭

龍吟庵の庭では、それぞれ紅葉が楽しめます。
どの紅葉が好みかは、別れる所です。

個人的には、冒頭でも書いた通り、龍の庭が美しいと思います。

龍吟庵で紅葉狩り

東福寺の三名橋の1つ偃月橋(えんげつきょう)。
その橋を渡った先に、国宝龍吟庵はあります。

即宗院で紅葉(※)を楽しんだ後、龍吟庵へ行ってみました。

(※即宗院の紅葉は、こちらを参考にして下さい。
即宗院の紅葉。月輪殿跡の庭園で見頃。

即宗院の受付で、拝観料金の500円を払います。
御朱印を授与されていたので、こちらも頂きました。

f:id:sarunokinobori:20161120190915j:plain
即宗院の入口付近では、紅葉です。
下の方は青葉が多かったのですが、それでも綺麗でした。

f:id:sarunokinobori:20161120190925j:plain
方丈正面の南庭「無の庭」。
あまりのシンプルさに、びっくり。

本当に一瞬、心が無(点?)になりました。
ただ、一面が白砂のため、紅葉の赤さは目立ちます。

f:id:sarunokinobori:20161120190933j:plain
西庭「龍の庭」へ移動。
正面に見える反り返る石が、龍頭です。

f:id:sarunokinobori:20161120190947j:plain
龍吟庵の紅葉は、まだまだ青葉が多かったです。
来週の後半に訪れると、真っ赤で見頃の紅葉が見れると思います。

f:id:sarunokinobori:20161120191003j:plain
北側に移動して撮影。
この位置が、龍の庭を撮影するのにベストな場所だという事です。

f:id:sarunokinobori:20161120191044j:plain
廊下を入れて撮影すると、このような感じになります。

f:id:sarunokinobori:20161120191053j:plain
方丈の北面(背後)にあるのが、開山堂。
扁額「霊光」は、足利義満筆によるものです。

f:id:sarunokinobori:20161120191110j:plain
東庭「不離の庭」。
赤砂が印象に残る庭でした。

うっすらとですが、紅葉している木があります。
こちらも、来週後半に見頃を迎えるのではないでしょうか。

龍吟庵の隣にある即宗院では、紅葉は見頃。
とても綺麗で、大満足でした。

すぐ隣の龍吟庵も紅葉が見頃と思ったのですが……。
まだまだこれからだったのが、残念。

この後、再び東福寺の紅葉を見に行きました。

(※東福寺の紅葉の様子は、こちらに掲載しています。
東福寺の紅葉、見頃や現在の状況。

-平成28年(2016)11月17日撮影-

龍吟庵の駐車場

龍吟庵には、駐車場はありません。
東福寺の駐車場も、この時期は閉鎖されています。

公共交通機関をご利用ください。

龍吟庵へのアクセス

龍吟庵の行き方です。

JR奈良線・京阪本線「東福寺駅」下車。
そこから、徒歩10分。

あるいは、市バス202・207・208系統に乗車。
「東福寺」バス停で下車。

f:id:sarunokinobori:20161120191327j:plain
(周辺地図)

京都の紅葉の名所
京都の紅葉、見頃や時期。名所や穴場も掲載。