読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

らくがき寺(単伝庵) のご利益や見所。

単伝庵は、京都府八幡市にあります。
らくがき寺とも呼ばれるお寺です。

月曜から夜更かし(再)を見ていた時の事。
画面の左端に、京都のらくがき寺という文字が目に入りました。

らくがき寺……単伝庵の事?
文字を見た時に、昔に参拝した事を思い出しました。

単伝庵は、落書きをする事によりご利益が授かる珍しいお寺。
壁に願い事を書いて、祈願します。

もちろん、境内の全ての場所に落書きをして言い訳ではありません。
書く場所は、決まっています。

今回は、らくがき寺(単伝庵) のご利益や見所を紹介します。
少しでも何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



らくがき寺(単伝庵) の見所

らくがき寺(単伝庵) の概要

単伝庵は、冒頭に書きましたが八幡市にあるお寺。
昔は、神原町にあったと伝えられています。

拝観日は、土曜日と日曜日。
時間は、9時から15時までです。

他の曜日は、拝観出来ないの?
そう思っている方も安心して下さい。

事前に予約さえすれば、拝観可能です。
平日しか休めない方は、予約をして拝観しましょう。

f:id:sarunokinobori:20160606175214j:plain
見所は、別名にもなっている落書きです。
落書きをする事により、願いを祈願します。

らくがくが可能な場所は、大黒堂という御堂。
その白い壁に、願いを込めて書いて下さい。

お寺の壁に落書きをするには、ちょっとした勇気が必要です。
また背徳感を感じるかもしれません。

しかし、何も問題ありません。
落書きは、お寺公認ですから。

注意点は、大黒堂の白壁のみ書くのが許されるという事。
柱などには書いてはいけませんので、ご注意ください。

拝観料金は、100円。
祈願料(大黒堂内の白壁に願い事を奉納)は、300円。

単伝庵は、京阪八幡駅から徒歩で行けます。
また、この駅の周辺には、八幡市の名所が多いです。

国宝に指定された石清水八幡宮。
巨大なジェットエンジンが展示されている飛行神社。

これらを合わせて参拝すると、見応えがあると思います。
機会があれば、八幡市へ足を運んでみて下さい。

単伝庵の駐車場

単伝庵には、駐車場が完備しています。
ご利用を考えている方は、確認してみて下さい。

単伝庵へのアクセス

単伝庵への行き方です。

JR京都駅8・9・10番のりばから奈良線普通・みやこ路快速に乗車。
1駅目のJR東福寺駅で下車。

京阪東福寺駅へ移動。
淀屋橋行きに乗車して、京阪八幡駅で下車。

そこから徒歩約5~8分で到着。

f:id:sarunokinobori:20160605183802j:plain
(周辺地図)