京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

岡崎神社へのアクセス方法。京都駅からバス・電車での行き方。

京都に岡崎神社という神社があります。
祭神に、速素盞鳴尊(すさのをのみこと)と奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)が祀られています。
二神の間には、三女五男八柱神ものたくさんの御子が誕生しました。
また、この御子の三女五男八柱神も岡崎神社の祭神です。
このように子授け安産の神様を祀っている事から、子授け・安産(子宝)にご利益がある神社として有名です。

拝観時間は、午前9時から午後5時まで。
境内は、無料で拝観可能です。

今回は、このように京都の中でも子授け・安産で有名な岡崎神社への、京都駅からのアクセス方法を考えました。
行き方は、バス・タクシー・電車・徒歩などです。

【スポンサーリンク】



岡崎神社へのアクセス方法。京都駅からバス・電車、オススメはどれ?

京都駅からバスでアクセス

京都観光を考えた時、最も無難な移動手段は市バスです。
京都市内の観光地を、ほぼ網羅していると言ってもいいでしょう。
もちろん京都駅から岡崎神社へ市バスで行く事が出来ます。

32番・93番・203番・204番系統のバスに乗車、「岡崎神社前」下車すぐです。
料金が一律なので、交通渋滞にハマっても、払うお金は一緒。
岡崎神社への観光目的なら、お財布に優しいバス移動はかなりオススメです。
欠点は、車内が混雑したら座れない事ぐらいでしょうか。

個人的なオススメ度:★★★★☆

京都駅からタクシーでアクセス

京都観光の際にタクシーで目的地に行く事は、基本オススメしていません。
京都市内は、交通渋滞が多いためです。
渋滞時間が長い程、その分料金も加算でいきます。
岡崎神社までだったら、通常なら2,000円前後ではないでしょうか。
移動手段で2,000円って、それなりですよね。

しかし、岡崎神社は子授け・安産(子宝)の神社。
お腹の中にお子さんが授かっている方が、参拝する事も考えられます。
そんな方には、安全のためタクシーがオススメ。

個人的なオススメ度:★★★☆☆

京都駅から電車でアクセス

京都駅から電車で行く場合、どうしてもそこそこ歩かなければなりません。
考えられるルートは、2つあります。

まず、京都駅から京阪七条駅まで徒歩。
そこから、京阪電車・出町柳方面に乗車。
京阪神宮丸太町で下車して、約徒歩15分~20分で到着。

もう1つは、地下鉄京都駅から乗車、烏丸御池駅で東西線に乗り代えます。
そして、東山駅か蹴上駅で下車、徒歩15分ぐらいで到着。

どちらのルートで行っても、平安神宮の近くを通ります(※)。
(※蹴上駅で下車して、白川通から行くと平安神宮の近くを通りません)
せっかくなので、平安神宮を見てから岡崎神社へ行きましょう。
あるいは、岡崎神社を先に参拝してから平安神宮へというのもありです。

f:id:sarunokinobori:20150208010725j:plain

赤いルートを行けば、平安神宮の近くと通ります。
青いルートだと通りません。

個人的なオススメ度:★★★☆☆(星2.5)

京都駅から徒歩でアクセス

気合を入れれば、京都駅から徒歩でも行く事が可能です。
私も何度か行った事があります。
行った事があると言っても、岡崎神社だけが目的ではありません。
他の京都の観光地を巡りつつ、結果的に岡崎神社へ参拝しました。

私が徒歩で行ったルートを1つ紹介します。
京都駅から清水寺→円山公園を通って知恩院→平安神宮→岡崎神社です。
かなり疲れるので、歩くのが趣味で無い方には、オススメ出来ません。
素直にバスを利用した方が、いいです。

個人的なオススメ度:★☆☆☆☆(星1.5)

京都駅から岡崎神社へのアクセス、どれがオススメか?

直接、岡崎神社に向かうのなら市バスが1番オススメ。
また、妊婦さんの場合は、タクシーが無難です。
途中で観光したい場合は、徒歩+電車。
あまりオススメ出来ないのが、徒歩のみです。

あくまで、私の個人的なオススメ度となっています。
全然違うという方もいるでしょう。
参考程度に読んでもらえたら、幸いです。