読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

二尊院で除夜の鐘2016。

二尊院は、京都市右京区にあります。
除夜の鐘が、一般の方でも撞く事が出来るお寺です。

除夜の鐘については、知らない方は少ないと思います。
大晦日、12月31日の夜にお寺で撞かれる鐘をご存じですか。

あの鐘の事を、除夜の鐘と言います。
除夜とは、除日の夜の事です。

除日は、大晦日の事を指しています。
すなわち、除夜とは大晦日の夜という意味です。

二尊院の除夜の鐘は、先着順で撞く事が出来ます。
事前予約なども、必要ありません。

二尊院で除夜の鐘が撞かれる少し前に訪れて下さい。
そうすれば、鐘を撞く事が出来ますよ。

今回は、二尊院の鐘を紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



二尊院で除夜の鐘の見所

二尊院の除夜の鐘の概要

二尊院の除夜の鐘は、一般の方も撞く事が出来ます。
整理券は、配布されません。

f:id:sarunokinobori:20161221204431j:plain
(お寺の鐘のイメージ)

事前予約も、必要ありません。
鐘が撞かれる時間に、二尊院へ訪れて下さい。

二尊院の除夜の鐘の開始時間は、23時30分からです。
終了時間は、1月1日の1時頃となっています。

鐘撞き料金は、発生しません。
誰でも無料で、除夜の鐘を撞く事が出来ます。

鐘を撞ける人数は、特に決まっていません。
人数制限がないという事です。

ただし、閉門時間が決まっています。
先ほども書いた通り、1月1日の1時頃です。

1時を過ぎると、門は閉ざされます。
12時30分頃には、二尊院の鐘楼の前にいたい所です。

大晦日の夜に二尊院へ訪れると、門は閉まっているかもしれません。
しかし、安心して下さい。

門の横にある通用口から入る事が出来ます。
ロウソクの灯りで照らされた参道を進み本堂へ。

本堂の右側に、二尊院の鐘楼が存在しています。
夜のため薄暗い境内ですが、迷う事はないでしょう。

二尊院では、温かいモノの接待もあります。
除夜の鐘を撞いたら、ぜひ頂いて体を温めて下さい。

また、ご本尊である釈迦如来と阿弥陀如来を、拝む事が出来ます。
大晦日の夜に二尊院へ訪れた方は、ぜひ手を合わせて下さい。

二尊院について

二尊院は、天台宗の寺院です。
正式寺名は、小倉山二尊教院華台寺と言います。

本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」です。
この二尊を祀っている事が、二尊院の由来となりました。

見所は、「紅葉の馬場」と呼ばれる広い参道です。(※)
秋になると参道の両端が、美しい鮮やかな紅葉に彩られます。

(※二尊院の紅葉は、こちらを参考にして下さい。
二尊院の紅葉、見ごろや現在の状況。紅葉の馬場を満喫。

紅葉が綺麗な場所は、新緑も綺麗です。
二尊院の新緑や青もみじも見応えがありますよ。

どちらが、おススメかと言えば、やはり紅葉になります。
ただ、新緑の季節は、秋ほど人はいません。

混雑知らずで、ゆったりと色々なものが鑑賞できます。
新緑と紅葉、2つの季節に訪れて、見比べるのも面白いかもしれません。

また、二尊院は、京都・嵐山花灯路の参加寺院です。
京都・嵐山花灯路では、二尊院の夜間拝観が行われます。

※京都・嵐山花灯路については、こちらを参考にして下さい。
京都・嵐山花灯路。ライトアップ時間や混雑具合。駐車場はあり。

二尊院の駐車場

二尊院には、駐車場があります。
普通車約15台を無料で止める事が可能です。

紅葉の見頃の時期ほど、混雑はしません。
車で行かれる方は、利用してみてはいかがでしょうか。

二尊院へのアクセス

二尊院への行き方です。

JR京都駅から乗車、嵯峨嵐山駅から徒歩約15分。

f:id:sarunokinobori:20151015210958j:plain
(周辺地図)

京都の大晦日
京都で除夜の鐘を撞けるお寺。

二尊院の四季/span>
二尊院の普賢象桜。見頃や開花状況。
二尊院の新緑、青もみじと紅葉の馬場。