読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

錦天満宮の鳥居。

京都観光 京都市中京区 京都の神社 京都の鳥居

錦天満宮の鳥居は、京都の珍スポットの1つです。
錦天満宮の鳥居の写真は、「錦天満宮の鳥居」に掲載しています。

錦天満宮は、京都市中京区にあります。
新京極の繁華街にある神社です。

創建は、平安時代になります。
知恵・学問・商才にご利益がある神社として人気です。

祭神は、天満宮から分かる通り菅原道真。
境内には、四季の花が咲きます。

また、境内から京の名水も湧き出ています。
錦の水と呼ばれ、こちらも人気が高いです。

人気と言えば、境内の自動おみくじも人気があります。
お金を入れると機械の獅子が、おみくじをくわえて渡してくれます。

そんな錦天満宮の鳥居。
新京極へ訪れた時に、ぜひとも見て欲しいスポットです。

今回は、錦天満宮の鳥居を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



錦天満宮の鳥居の概要

錦天満宮の鳥居の見所

錦天満宮の鳥居は、京都の珍スポットとして紹介される事があります。
なぜ錦天満宮の鳥居が、京都の珍スポットなのか。

それは、鳥居がビルにめり込んでいるからです。
あるいは、突き刺さっているといってもよいでしょう。

f:id:sarunokinobori:20170317215026j:plain
こちらが、錦天満宮の鳥居です。

f:id:sarunokinobori:20170317215033j:plain
見事に、ビルの壁に刺さっています。

f:id:sarunokinobori:20170317215059j:plain
どうして、このようにめり込んでいるのでしょうか。
それには、ちゃんとした理由があります。

昔、この辺りは、錦天満宮の境内でした。
それが、地域の発展にともない繁華街へと変貌します。

繁華街に変わるにつれ、建物の高くなりました。
錦天満宮の鳥居の台座は、道幅と同じ広さで作られています。

そのため、建物が高くなると、鳥居の上部にあたるようになりました。
鳥居を切って建物を高くするのも、どうも気が重たい。

そこで、鳥居の一部を建物にめり込ませるという方法をとったという訳です。

新京極の繁華街へ、出かける予定がある方。
錦天満宮の鳥居を、一目見て帰って下さいね。

錦天満宮の駐車場

錦天満宮には、駐車場がありません。
公共交通機関を利用して訪れて下さい。

錦天満宮へのアクセス

錦天満宮への行き方です。

市バス「四条河原町」の停留所で下車。
そこから、徒歩5分で到着。

f:id:sarunokinobori:20170103202654j:plain
(周辺地図)

錦天満宮の祭事・行事
錦天満宮の初詣。撫で牛で学業成就。