読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

西本願寺の紅葉。イチョウが見頃。

西本願寺は、京都市下京区にあるお寺です。
広大な敷地の中には、イチョウが点在しています。

秋には、そのイチョウが綺麗に紅葉(黄葉)。
西本願寺の境内を、美しく彩ります。

イチョウと言えば、高い木のイメージがありませんか?
西本願寺の木々も、基本的に高いです。

しかし、低い木も存在します。
西本願寺の大銀杏で、樹齢は約400年です。

西本願寺を代表するこの大銀杏も、美しく紅葉します。
ぜひ見頃の時期に訪れて、観賞して下さい。

今回は、西本願寺の紅葉を紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



西本願寺の紅葉(黄葉)の色づき具合

西本願寺の紅葉(黄葉)

西本願寺の紅葉は、境内のあちらこちらで楽しめます。
紅葉(黄葉)する木は、イチョウです。

そのため、赤く染まる訳ではありません。
鮮やかな黄色に染まり、境内を華やかに彩ります。

f:id:sarunokinobori:20161122204710j:plain
例年の西本願寺の紅葉の色づき始めが、11月上旬。
そして、見頃が時期が11月中下旬頃となっています。

拝観料金は、無料です。
気軽に立ち寄って紅葉を満喫できますよ。

境内が広いため、混雑は感じないと思います。
案内所には椅子も用意されているので、休息も可能です。

京都駅からも徒歩圏内。
帰りの電車の出発時刻まで、まだ少し時間がある方。

または、深夜バスを利用して早朝に京都駅に着いた方。
西本願寺は、5時30分から門が開かれています。

そんな方は、ぜひぷらりと立ち寄ってみて下さい。
西本願寺の美しいイチョウが、出迎えてくれますよ。

西本願寺の紅葉の観賞場所や撮影スポット

西本願寺の紅葉の観賞場所や撮影スポットの紹介です。

御影堂門

御影堂門の横に、イチョウの木があります。
御影堂と一緒に撮影が可能です。

飛雲閣横の鐘楼

飛雲閣の横のには、鐘楼があります。
その鐘楼の前に、2本の大きなイチョウの木が存在。

2本のイチョウの木が、鐘楼を守っているように見えますよ。

大銀杏(逆さ銀杏)

御影堂門をくぐった先にある大銀杏。
西本願寺にあるイチョウの中でも、代表的な存在です。

西本願寺の大銀杏は、低い位置から各方向に伸びています。
特徴的な形状は、1度見たら忘れられません。

その形状から、逆さ銀杏とも呼ばれています。

また、本願寺が火災にあった時、水を噴き出して消したという伝説から、「水吹き銀杏」と呼ばれる事もあるイチョウです。

阿弥陀堂前

阿弥陀堂の前にも、イチョウがあります。
一目見て巨大と分かるイチョウです。

阿弥陀堂と一緒に撮影する事が出来ます。

各銀杏の写真は、下記に掲載中です。

西本願寺で紅葉狩り

六孫王神社で紅葉を堪能(※)。
紅葉の穴場だけあり、誰もいなかったです。

(※六孫王神社の紅葉の様子はこちらです。
六孫王神社の紅葉。見頃や現在の状況。

六孫王神社から梅小路公園に寄って、少しだけ紅葉を撮影。
そして、西本願寺へと移動しました。

f:id:sarunokinobori:20161122204430j:plain
西本願寺の外から見る御影堂横のイチョウ。
外からでも色鮮やかに黄葉しているのが分かります。

f:id:sarunokinobori:20161122204445j:plain
境内から見ると、このような感じです。
この場所から右へ移動すると、鐘楼前に出ます。

f:id:sarunokinobori:20161122204501j:plain
こちらが鐘楼前のイチョウ。
何となく鐘楼を守っているように見えませんか?

f:id:sarunokinobori:20161122204546j:plain
西本願寺の大銀杏、通称「逆さ銀杏」です。
他の銀杏と比べると、幅広く低くいのが分かると思います。

実際に見ると、なかなかの迫力です。
ここまで幅広いイチョウは、他でも見た事がありません。

私が訪れた時は、見頃まだあと一歩という感じでした。
11月の後半には、見頃を迎えるのではないでしょうか。

f:id:sarunokinobori:20161122204618j:plain
そして、阿弥陀堂前のイチョウがこちらです。
ちなみに奥の建物は、阿弥陀堂ではありません。

写っている建物は。安穏殿です。
本願寺出版社の出版物などを販売しています。

f:id:sarunokinobori:20161122204636j:plain
国宝・阿弥陀堂とイチョウです。
西本願寺の周辺には、高い建物がありません。

そのため、空を広く綺麗に撮影する事が出来ます。
晴天の日の西本願寺は、本当に気持ちが良いです。

撮影に大満足したので、駅へと向かいました。

まとめとしては、西本願寺の大銀杏は、見頃手前。
他は、ほぼ見頃か見頃を迎えています。

今訪れても、十分見応えはありますよ。

-平成28年(2016)11月18日撮影-

西本願寺の駐車場

西本願寺は、参拝者用の駐車場があります。
車で行かれる方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

西本願寺へのアクセス

西本願寺への行き方です。

京都駅から市バス9・28・75番に乗車。
「西本願寺前」で下車、すぐ。

あるいは、京都駅から徒歩約15分。

詳しいアクセス方法は、こちら。
西本願寺へのアクセス。京都駅からの行き方。

f:id:sarunokinobori:20160906204338j:plain
(周辺地図)

京都の紅葉の名所
京都の紅葉、見頃や時期。名所や穴場も掲載。