京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

妙満寺の桜2017。見頃や開花状況。穴場でライトアップも開催。

妙満寺は、京都市左京区にある顕本法華宗の総本山の寺院です。
雪の庭が有名ですが、知る人ぞ知る桜の名所でもあります。

春になると、桜園には桜が咲き誇り、ライトアップも開催。
美しい桜が境内に咲き誇ります。

先ほど有名と書きましたが、皆さんは妙満寺の雪の庭をご存知ですか?
恥ずかしながら私は、学生時代はその存在すら知りませんでした。

松永貞徳が手掛けた庭で、「雪・月・花」三名園の1つに数えられます。
松永貞徳は歌人で、俳諧の祖とも呼ばれている人物です。

雪の庭は、その名が示す通り、雪が積もる冬にこそ鑑賞してほしい庭です。
雪が降り積もる庭の光景は、美しいの一言。

ただ、妙満寺は京都の北にあるので、めちゃくちゃ寒いのです。
無理にでも行って欲しいと言えないのが、辛い所です。

そんな寒さが過ぎ去って、春がやってくる頃に、妙満寺のしだれ桜が開花します。

【スポンサーリンク】



妙満寺の桜の開花情報

妙満寺の桜

京都の桜の名所に穴場なし。
そう思っていました。

しかし、そう言えばという場所を思い出す事に成功。
それが、妙満寺の桜です。

妙満寺の境内には、桜園が存在します。
大書院を中心とした一角が、桜が咲く場所。

しだれ桜が植えられており、春には美しい紅色や薄桃色の花を咲かせます。
京都の名所の桜にも、引けを取らない美しさです。

それにもかかわらず、訪れる人は地元の方と少しのカメラマンぐらい。
他の京都の桜の名所と比較すると、格段に観光客が人が少ないです。
妙満寺の場所が、京都の北の方にあるためなのかもしれません。

若干、アクセスしづらい場所なのは確かです。
どこかの神社やお寺に参拝したついでに、寄るのが難しいんですよね。

あくまで、私の勝手な憶測。
本当の理由は分かりませんが、とにかくゆったりと桜を観賞できますよ。
境内の拝観が無料なのも嬉しいです。

妙満寺の桜の見所は、大書院前の枝垂桜。
ここのしだれ桜は、要チェックです。
北門付近から見る桜もとても綺麗なので、オススメ。

また、ライトアップされ、夜桜も楽します。
ライトアップされた枝垂桜は、とても優美ですよ。

ライトアップ期間は、4月初旬から中旬となっています。
その年によって期間が違いますので、ご注意下さい。

妙満寺の桜の見頃と開花情報

今年の妙満寺の桜の見頃と開花状況です。

平成29年(2017)の開花状況
平成29年(2017)3月28日:つぼみ。
平成29年(2017)4月2日:咲き始め。
平成29年(2017)4月8日:ほぼ見頃。
平成29年(2017)4月18日:散っています。

過去の妙満寺の桜の開花情報

例年通りだと、妙満寺の桜は4月上旬から4月中旬が見ごろです。

過去の開花情報を下記の掲載しています。
未来の開花予想に役立てて下さい。

平成27年(2015)の開花状況

平成27年(2015)3月31日:咲き始め。見ごろではありません。
平成27年(2015)4月6日:見頃を迎えました。
平成27年(2015)4月10日:見頃継続中。
平成27年(2015)4月13日:藤右衛門桜は見ごろ。他は散り始め。
平成27年(2015)4月17日:藤右衛門桜は満開。他は見頃過ぎ。

平成28年(2016)の開花状況
平成28年(2016)3月27日:しだれ桜、咲き始め。
平成28年(2016)4月1日:しだれ桜、二・三分咲き。
平成28年(2016)4月5日:見頃です。
平成28年(2016)4月8日:散っています。

妙満寺へのアクセス

叡山電鉄鞍馬線「木野」下車、徒歩5分~10分で到着します。

f:id:sarunokinobori:20150216214758j:plain

京都の桜の名所
京都の桜。見ごろや開花時期。名所や穴場も掲載。

妙満寺の四季
妙満寺のつつじ。見ごろや開花状況。
妙満寺の紅葉、見頃や現在の状況。穴場です。
妙満寺の雪の庭、雪景色と新緑の光景。

妙満寺の祭事・行事
妙満寺の大根だき。無病息災を祈願。