読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

鞍馬寺で雪の境内を撮影。

鞍馬寺で、雪の境内を撮影しました。

雪景色の鞍馬寺は、冬の京都の観光スポットとして、おススメです。
仁王門から本殿金堂の間、幻想的な世界を見る事が出来ます。

さらに鞍馬山の雪を堪能したい方。
鞍馬山を越えて、貴船神社へと向かって下さい。

貴船神社へと続くその道は、とても厳しいです。

積雪で、道中は歩き難くなっています。
また、雪が凍結している場所もあり、滑りやすいです。

多少の危険があるので、強くはおススメは出来ません。
実際、私も何回も滑って転びましたから。

しかし、積雪の中、静寂に包まれた鞍馬山の世界は、厳かな気持ちになり、何かを洗い流してくれますよ。

今回は、鞍馬寺の雪の境内を紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



雪の鞍馬寺の見所

鞍馬寺の雪景色を撮影

雪に覆われた鞍馬寺には、1度行った事があります。
しかし、その時は、ほとんど撮影しませんでした。

なぜなら、雪の鞍馬寺を狙って訪れた訳ではないからです。
偶々訪れたら、雪が降って積もってました。

そのため、カメラの防水対策も全くなし。
普通に撮影すると、カメラが壊れるのが分かったので、泣く泣く断念しました。

今回は、その時リベンジ戦となります。

事前に鞍馬寺に雪が積もっているのを確認。
防寒対策、防水対策も万全にして、鞍馬寺へと向かいました。

鞍馬寺へは、叡山電車に乗って向かいます。

出町柳から乗車して、鞍馬駅で下車。
徒歩すぐで、鞍馬寺へ到着です。

木野駅あたりまでは、雪はそんなに積もってはいませんでした。
しかし、二ノ瀬駅近くになると、状況が一変します。

f:id:sarunokinobori:20170115181000j:plain
一面、雪景色です。

f:id:sarunokinobori:20170115181008j:plain
叡山電車の先頭から見た光景は、このような感じです。
この光景で、鞍馬寺にも雪がかなり積もっている事を確信しました。

f:id:sarunokinobori:20170115181023j:plain
鞍馬駅に到着です。
まずは、叡山電車と雪の写真を撮影。

この後、駅を出て、鞍馬寺へと向かいます。

f:id:sarunokinobori:20170115181030j:plain
駅前にある、天狗の顔の像です。
寒さに耐えているような顔に見えます。

f:id:sarunokinobori:20170115181042j:plain
そして、到着しました。
鞍馬寺です。

f:id:sarunokinobori:20170115181101j:plain
まずは、仁王門の撮影です。
ここから見る限り、人はあまりいませんでした。

愛山費300円を払って、いざ本殿金堂を目指します。

f:id:sarunokinobori:20170115181113j:plain
しおりは、冬バージョンです。
紅葉の時期に訪れた時は、秋バージョンを頂きました。

(※鞍馬寺の紅葉の写真は、こちらに掲載しています。
鞍馬寺の紅葉、見頃や現在の状況。

f:id:sarunokinobori:20170115181124j:plain
仁王門を入って、すぐの場所にある参道です。

雪の参道の階段と言えば、貴船神社を思い出す方も多いと思います。
しかし、鞍馬寺も負けないぐらい、幻想的な光景でした。

f:id:sarunokinobori:20170115181131j:plain
参道を進んで行くと、由岐神社へと到着します。
鞍馬寺の鎮守社です。

鎮守社とは、寺院に付属して建立された神社の事。
由岐神社は、朱雀天皇の勅により、鞍馬寺に建立されました。

f:id:sarunokinobori:20170115181138j:plain
樹齢800年とも伝わる御神木の大杉も、雪化粧に染まっています。

f:id:sarunokinobori:20170115181152j:plain
由岐神社からさらに進んで、中門まで上がってきました。

秋の時は、他の場所を見てから鞍馬寺へ紅葉狩り。
冬の今回は、1番最初に鞍馬寺で雪景色。

最初の訪れた分、秋の時よりも、体力的にまだまだ余裕です。

f:id:sarunokinobori:20170115181201j:plain
転法輪堂の前まで来ました。
ここまで来ると、本殿まで少しの距離です。

f:id:sarunokinobori:20170115181209j:plain
転法輪堂の横、本殿金堂へ続く階段の雪景色。
赤い灯篭がある場所は、絵になりますね。

f:id:sarunokinobori:20170115181216j:plain
やっと到着。
本殿金堂です。

仁王門から本殿金堂までかかった時間は、約35分。
早いか遅いかは、分かりません。

f:id:sarunokinobori:20170115181223j:plain
以前、雪の鞍馬に訪れた時には、雪に埋もれていた六芒星。
今回は、雪かきがされており、六芒星を見る事が出来ました。

この後、本殿へ参拝。
そして、冬の鞍馬山越えに挑戦です。

f:id:sarunokinobori:20170115181240j:plain
この奥の院の参道を進むと、鞍馬山を越えて、貴船神社へ行く事が出来ます。

吹雪いている光景を見て、一瞬行くのを躊躇しました。

f:id:sarunokinobori:20170115181342j:plain
少し進んで、霊宝殿に到着です。

本殿金堂の周辺には、まだ人がいました。
しかし、霊宝殿の周辺には、人が全くいません。

f:id:sarunokinobori:20170115181350j:plain
霊宝殿のすぐ近くに、門があります。
ここが、鞍馬山越えの本格的なスタート地点です。

ちなみに引き返すのなら、この場所だと思います。

f:id:sarunokinobori:20170115181356j:plain
道中は、基本的にこのような感じです。
不動堂や魔王殿がある場所まで、特に景色の変化がありません。

f:id:sarunokinobori:20170115181402j:plain
しばらく進むと、木の根道へと出ました。
牛若丸(源義経)が、修行した場所として伝えられています。

大杉権現社へ行くために、この木の根道を突き進みました。

f:id:sarunokinobori:20170115181416j:plain
木の根道の先にある大杉権現社です。
この時点で、すれ違う人は全くなし。

そろそろ、誰かとすれ違いたい気分です。

大杉権現社を後にして、不動堂を目指します。

f:id:sarunokinobori:20170115181427j:plain
滑り転びながら歩いて行くと、雪の中ぼんやりと不動堂が見えました。
景色に変化があると、それだけで気分が上昇します。

f:id:sarunokinobori:20170115181455j:plain
雪の不動堂です。
そして、不動堂で、遂に男性の方とすれ違いました。

雪の鞍馬山を越えようと思うのは、私だけではないんですね。

この後に目指す場所は、魔王殿です。
道中の光景は、相変わらず変化なし。

f:id:sarunokinobori:20170115181504j:plain
そして到着しました、魔王殿です。
護法魔王尊が降臨した場所となります。

足跡がかなりあったのですが、すれ違ったのは2人だけ。
もっと早い時間だと、多くの人と出会ったのかもしれません。

魔王殿から貴船神社まで、約647メートルです。
あともう少しで、鞍馬山を越える事が出来ます。

ただ、ここからがまた一苦労でした。

f:id:sarunokinobori:20170115181512j:plain
この階段を下らなければ、いけなかったからです。
凍結した階段は、滑る滑る。

私の靴にも原因があるのでしょうが、滑って転びまくりました。
運良く大怪我をしなかったのは、幸いです。

f:id:sarunokinobori:20170115181519j:plain
転びながらも、何とかゴールの西門に到着しました。
本格的なスタート地点から西門までかかった時間は、約50分です。

この後、貴船神社へと向かいました(※)。

(※貴船神社の雪のライトアップの写真は、こちらに掲載しています。
貴船神社で雪のライトアップを撮影。

雪の鞍馬山越えの注意点があるとすれば、靴です。
今回、これでもかという程、滑って転びまくりました。

原因は、靴だと思います。
防寒・防水対策はしたのですが、靴まで用意しませんでした。

雪の鞍馬山越えを、やろうと思っている方。
滑らない靴で、挑んで下さい。

そうしないと、私みたいに転びまくりますよ。
寒さは、歩いているので、基本それ程感じません。

以上、雪の鞍馬寺からお届けしました。

鞍馬寺の駐車場

鞍馬寺には、駐車場が存在しません。
しかし、叡山電車・鞍馬駅周辺に、有料駐車場があります。

鞍馬寺までのアクセス

鞍馬寺への行き方です。

叡山電車・出町柳駅から乗車。
蔵前で下車して、徒歩約10分。

f:id:sarunokinobori:20151116201333j:plain
(周辺地図)

鞍馬寺の関連情報
鞍馬寺の御朱印と御朱印帳。

鞍馬寺の祭事・行事
鞍馬寺の五月満月祭(ウエクサ祭)。
鞍馬寺の竹伐り会式。
由岐神社例祭。鞍馬の火祭。

鞍馬寺の四季
鞍馬寺の雲珠桜。見頃や開花状況。雪景色後の春。