読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

加古川まつり花火大会2016、穴場や駐車場の情報。

加古川まつり花火大会は、兵庫県加古川市で行われます。
今年で第45回加古川まつり花火大会は、加古川の夏の風物詩。

大変人気がある花火大会で、毎年大混雑します。
交通規制もされるので、車での来場はオススメ出来ません。

加古川まつりの魅力は、花火大会だけではありません。
加古川市内に全20会場が設けられ開催される「おまつり広場」。

このおまつり広場は、会場ごとにイベントが異なります。
どのお祭りも趣向を凝らしており、楽しむ事が可能です。

今回は、メインの加古川まつり花火大会を中心に紹介します。
穴場スポットなどの情報を掲載。
少しでも観覧時の役に立てば、幸いです。

【スポンサーリンク】



加古川まつり花火大会の観覧場所

加古川まつり花火大会の概要

加古川まつり花火大会は、加古川市の夏の夜空を彩るイベントです。
今年の開催は、平成28年8月7日の日曜日。

打ち上げ場所は、加古川河川敷緑地(加古川バイパス北側)。
打ち上げ時間は、19時30分から20時45分。

f:id:sarunokinobori:20150621191544j:plain
玉数は、約5,000発。
人出は、7万5,000人です。

少雨(雨天)決行、荒天の場合は中止です。
延期ではなく中止なので、ご注意ください。

打ち上げ場所が、加古川の中央。
そのため、どの位置からでも花火が楽しめるのが特徴です。

また、有料観覧席も設けられています。
1席1,000円とそれ程料金は高くありません。

場所取りが苦手な方。
有料観覧席から花火を見てみませんか。

加古川まつり花火大会の観覧場所と穴場スポット

加古川まつり花火大会の観覧場所と穴場スポットの紹介です。

加古川河川敷周辺
会場である加古川河川敷周辺が、定番の観覧場所。

f:id:sarunokinobori:20150716160840j:plain
場所取りさえ成功すれば、美しい花火が堪能できます。
花火が観覧できる範囲が広いので、少し早めに訪れてベストな位置を確保して下さい。

日岡山公園
日岡山公園から花火の観覧が可能です。
穴場というには知名度がありますが、混雑は加古川河川敷よりも少な目。

f:id:sarunokinobori:20150716160853j:plain
赤いピンが打ち上げ場所。
打ち上げ場所から、約1キロほど離れています。

イオンタウン加古川
イオンタウン加古川の駐車場も花火の観覧の穴場スポット。

f:id:sarunokinobori:20150716160936j:plain
赤いピンが打ち上げ場所。
青い丸がイオンタウン加古川です。

当たり前ですが、施設を利用する場合はお店で何か商品を購入しましょう。

加古川まつり花火大会の駐車場

加古川まつり花火大会では、駐車場が用意されていません。
また、周辺にも有料駐車場が少ないです。

当日は、交通規制も実施されます。
公共交通機関を利用した方が無難です。
あるいは、少し離れた位置に駐車して、そこから移動しましょう。