読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

勧修寺の臥竜の老梅2016。見頃や開花情報。

京都観光 京都市山科区 京都のお寺 京都の梅

勧修寺は、京都市山科区にあります。
臥竜の老梅がある事で有名なお寺です

「かんじゅうじ」や「かんじゅじ」とも読めますが、正式名称は違います。
勧修寺と書いて、読み方は「かじゅうじ」が正解です。

創建されたのは古く、平安時代中期です。
醍醐天皇が母・藤原胤子(いんし)の供養ために、宮道家邸宅を寺に改めたのが始まりだと伝えられています。
宮道家は、胤子の母親の実家です。

京都市指定名勝の庭園は、平安時代に作庭されたと伝えられる池泉回遊式の庭。
周辺の山々を借景とした自然豊かな庭は、訪れる人の心を癒してくれます。

そんな歴史ある勧修寺に、親・子・孫の梅の木が存在。
冒頭に書いた臥竜の老梅です。

【スポンサーリンク】



勧修寺の臥竜の老梅の開花状況

勧修寺の臥竜の老梅

親子孫3代の梅の木は、支え合うように書院の前に植えられています。
親木の梅は、江戸時代に仙洞御所から移植されたそうです。

樹齢は、何と300年。
今では、わずかに根を残すのみ。

子である2代目の梅の木は、花こそ咲きませんが、立派な幹だった事を彷彿とさせる古木として存在感をアピール。

そして、孫にあたる3代目が、現在立派な梅の花を咲かせて、参拝者に春の訪れが近い事を教えてくれます。

この親子孫3代の梅の木の姿が、這っている龍を想像させる事から、臥竜の老梅と呼ばれるようになりました。

たった数本の梅の木ですが、存在感は何百本植えられている梅園に匹敵します。
さすがにそれは言い過ぎかもしれませんが、一見の価値はありますよ。

勧修寺の臥竜の老梅の開花は、1月下旬から2月上旬と早めです。
見頃は、2月中旬~下旬となっています。

勧修寺の梅の見頃や開花状況2016

平成28年(2016)は、勧修寺の梅の開花を追いかけます。
早咲なの1月中下旬には、最新情報をお届けする予定です。

来年までお待ちください。

勧修寺へのアクセス

地下鉄東西線・小野駅から徒歩5分。
京阪バス・小野下車、徒歩約10分です。

京都駅から行く場合、地下鉄烏丸線・京都駅→烏丸御池駅で東西線に乗り換えて、小野駅で下車となります。

気づいた人もいるかと思いますが、随心院・小野梅園の同じ地域に存在します。

小野駅からだと、方向的には逆なんですが、距離的にほぼ一緒。
しかし、勧修寺と小野梅園では、梅の花の咲く時期が微妙にズレているため、一緒には楽しめません。
そこが残念な所です。

f:id:sarunokinobori:20150207225011j:plain
(周辺地図)