読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

常照寺の新緑2017、青もみじと吉野門。

常照寺は、京都市北区にあります。
京都の桜と紅葉の名所です。

桜と紅葉の名所には、青もみじが綺麗な所が多くあります。
常照寺の新緑と青もみじも、とても綺麗です。

常照寺は、京都の紅葉の穴場。
紅葉の時期でも、比較的ゆったりと観賞出来ます。

新緑の季節は、さらに人が少ないです。
新緑に包まれた癒しの空間で、ゆったりとする事が出来ます。

今回は、常照寺の新緑と青もみじを紹介します。
少しでも何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



常照寺の新緑と青もみじの見所

常照寺の新緑と青もみじの概要

常照寺の新緑は、境内の至る場所で堪能出来ます。
見頃の時期は、5月上旬から6月上旬頃まで。

常照寺の新緑と青もみじの見所は、いくつか存在します。
まずは、朱色の山門(吉野門)付近です。

f:id:sarunokinobori:20160427210323j:plain
参道の青もみじの中、朱色の吉野門がより際立ちます。
門越しに見る参道の新緑も、とても美しいです。

この山門は、吉野太夫から寄進されたもの。
そのため、吉野門とも呼ばれています。

他には、吉野太夫ゆかりの茶室・遺芳庵周辺もオススメです。
古き良き建物があるだけで、何となく京都らしさが味わえます。

ぜひ新緑と遺芳庵のコラボを楽しんで下さい。
ちなみに遺芳庵の円窓は、吉野窓と呼ばれています。

吉野太夫が好んだ円窓なのだそうです。
常照寺へ参拝される方は、遺芳庵の円窓にも注目してみて下さい。

この時期の常照寺は、観光客が少ないです。
新緑と青もみじに包まれた静寂の中、心落ち着く時間を過ごす事が出来ますよ。

拝観料金は、大人300円。
拝観時間は、8時30分から17時までとなっています。

ゴールデンウィーク中に見ごろを迎える新緑と青もみじ。
GW中に常照寺まで足を運んで、癒しの空間を堪能しませんか?

常照寺の駐車場

常照寺には、駐車場が完備しています。
車で参拝を考えている方は、利用してはいかがでしょうか。

常照寺へのアクセス

常照寺への行き方です。

市バス「源光庵前」で下車して徒歩約2分。

f:id:sarunokinobori:20150818184958j:plain
(周辺地図)