読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

城南宮の七草粥の日2017。食べて無病息災を祈願。

京都観光 京都市伏見区 京都の祭事・行事 京都の神社

方向の災いを払う神社として有名な城南宮。
古くは平安時代、熊野三山に参詣する白河上皇や鳥羽上皇も、この神社で祈願して旅だったそうです。

そんな城南宮には、七草粥の日が存在します。
城南宮の七草粥の日は、2月11日です。

ところで、七草粥はなぜ食べるかご存知ですか?
私は、お正月で美味しいモノを食べ過ぎた胃を、休めるために食べるものだと思っていました。

しかし実際は、邪気を払うとされる春の七草を食べる事により、無病息災を祈るためだそうです。

話を城南宮の七草粥の日に戻します。

城南宮で七草粥を食べましょう

城南宮の七草粥の日

七草粥は、お正月を少し過ぎた1月7日の食べる事が多いのではないでしょうか。
しかし、城南宮の七草粥の日は、2月11日です。
旧暦の正月頃にあたる事から、この日に定めました。

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロの春の七草を、神前にお供えします。
また参拝者には、七草粥が振る舞われます。

この七草粥食べる事により、春の植物の力を取り入れて、1年間の無病息災や延命長寿を祈願するそうです。
七草粥が食べられるのは、午前10時から午後4時まで。

1膳500円です。
500円で無病息災を祈願できるのなら、安い……かも。

七草粥の簡単レシピ

2月11日に、城南宮へ参拝できない人は、家で七草粥を作りませんか。
七草を熱湯で下茹でした後に、みじん切り。
焚き上がったご飯と混ぜて、昆布茶もしくは鶏ガラスープをかけたら完成。

あとは、自然に感謝しながらサラサラっと食べて、春のパワーを体に注入。
これで、1年間無病息災……なはずです。

城南宮へのアクセス

京都駅から市バス19に乗車、城南宮道で下車して徒歩3分で到着。

あるいは、京都駅から近鉄か地下鉄で竹田駅へ。
そこで下りて、徒歩・バス・タクシーのいずれかで城南宮へ。
おおよそ徒歩15分・市バス5分・タクシー5分で到着します。

f:id:sarunokinobori:20150206180744j:plain
京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
(周辺地図)

城南宮の祭事・行事のページ
城南宮の方除大祭、奉納行事を堪能。
城南宮の曲水の宴。白拍子が美しく舞う。

城南宮の四季のページ
城南宮のしだれ梅。見頃や開花情報。
城南宮の桜。見頃や開花状況。室町の庭に美しくし咲く。
城南宮の藤、見頃や開花状況。