読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

城南宮の曲水の宴2017。白拍子が美しく舞う。

京都観光 京都市伏見区 京都の祭事・行事 京都の神社

城南宮の数ある行事の中で、私が真っ先に思い浮かぶのが曲水の宴です。

曲水の宴と書いて、読み方は「きょくすいのうたげ(えん)」。
もしくは、「ごくすいのうたげ(えん)」と読みます。

城南宮に限らず、曲水の宴を催す所は結構あります。
福岡県の太宰府天満宮や岩手県の毛越寺などでも開催。
多くの参拝者が、楽しみに訪れます

曲水の宴は、詩歌を興じる行事です。
盃を清流に浮かべ、自分の所に盃が流れ着く前に和歌を詠む。

平安時代には、正式な宮中の年中行事として行われていました。
現代の曲水の宴が、平安時代の装束で行われているのもそのためです……多分。

【スポンサーリンク】



城南宮の曲水の宴、平安貴族の装束で詩歌を興じる

城南宮の曲水の宴

城南宮の曲水の宴は、年2回行われます。
行われる日は、毎年同じ。

今年も平成29年(2017)4月29日と11月3日に開催。
時間は、14時から15時までの約1時間ぐらいです。
催される場所は、平安の庭。

平安時代の装束に身を包んだ7名の歌人が、美しい琴音の調べの中、和歌を詠み短冊へとしたためます。

また、白拍子が舞を披露するのも、城南宮の曲水の宴の特徴です。

平安の庭で、和歌に興じる人達の間には、ゆったりとした時間が流れます。
しかし、見学に来ている方々の間では、そうではありません。

城南宮を代表する行事だけあって、めちゃっくちゃ混雑します。
また、デジカメやスマホの普及により、ほとんどの人が写真を撮影。

観賞出来る場所が狭い事もあり、なかなか殺伐のした状況になる事もしばしば。

良い場所で観賞したいのなら、1番乗りぐらいの勢いで行く事がオススメです。

個人的には、前後左右の人のマナーによって印象が変わる行事だと思ってます。
本当に、人の密集率が凄いですから。

気合いとマナーと、望遠レンズは必須ですよ。
もちろん見学だけだったら、望遠レンズは必要ありません。

とりあえず1度行ってみて、密集率や殺伐度を確認。
今後行けるか、それとも混雑に耐えられないか、判断して下さい。

城南宮へのアクセス

城南宮への行き方です。

京都駅から市バス19に乗車、城南宮道で下車して徒歩3分で到着。

あるいは、京都駅から近鉄か地下鉄で竹田駅へ。
そこで下りて、徒歩・バス・タクシーのいずれかで城南宮へ。
おおよそ徒歩15分・市バス5分・タクシー5分で到着します。

f:id:sarunokinobori:20150206180744j:plain
京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
(周辺地図)

城南宮の祭事・行事のページ
城南宮の七草粥の日。食べて無病息災を祈願。
城南宮の方除大祭、奉納行事を堪能。

城南宮の四季のページ
城南宮のしだれ梅。見頃や開花情報。
城南宮の桜。見頃や開花状況。室町の庭に美しくし咲く。
城南宮の藤、見頃や開花状況。