京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

いたみ花火大会2017、伊丹空港で観覧可能。穴場スポットや屋台あり。

いたみ花火大会は、兵庫県伊丹市で行われます。
伊丹市の夏にイベントの中でも、最大規模を誇るイベントです。

美しい花火を一目見ようと、多くの人が訪れます。
会場である猪名川の土手には多くの屋台が出店。
この屋台もいたみ花火大会の魅力であり、来場する人の楽しみの1つです。

今回は、そんないたみ花火大会の情報をお届けします。
伊丹空港で観覧や穴場スポットなどです。
少しでも花火観覧時の役に立てば、幸いです。

【スポンサーリンク】



いたみ花火大会の打ち上げ場所

いたみ花火大会の概要

いたみ花火大会は、伊丹市の夏の風物詩であり、恒例のイベント。
今年の開催は、平成29年(2017)8月です。

打ち上げ場所は、猪名川神津大橋南側河川敷。
打ち上げ時間は、20時から21時となっています。

f:id:sarunokinobori:20150630000302j:plain
玉数は、約3,500発。
人出は、約5万人です。

雨天決行、荒天の場合は延期となります。
延期される日は、8月28日の日曜日です。

新作花火やミュージック花火が観賞出来るのが特徴。
また、四季の移り変わりを表現する花火は、見応えありです。

いたみ花火大会の観覧場所と穴場スポット

いたみ花火大会の観覧場所と穴場スポットの紹介です。

神津大橋河川敷両岸
いたみ花火大会のメインの観覧橋です。
伊丹市の公式HPでも紹介されています。

f:id:sarunokinobori:20150731183153j:plain
赤いピンが打ち上げ場所。
会場周辺は、基本どこからでも花火を観賞する事が可能です。

大人気の花火大会なので、混雑はします。
有料席が設けられていないので、場所取りは必要です。

だいたい、2時間半から2時間前に行くと、それなりの場所が確保出来ます。
ベストの位置で花火を観覧したい方は、更に早い時間から場所取りして下さい。

伊丹空港(大阪国際空港)展望デッキ
伊丹空港(大阪国際空港)の展望デッキから花火を見る事が出来ます。
花火大会に合わせてイベントが開催される時もあるそうです。

穴場スポットというには、有名過ぎる観覧場所。
少し変わった場所で、いたみ花火大会を楽しみたい人向けです。

伊丹スカイパーク
伊丹スカイパークの横にある公園です。
会場付近に比べると、混雑しない穴場スポット。

穴場スポットと言っても、人はそこそこいます。

イオンモール伊丹(ダイヤモンドシティ)屋上駐車場
花火大会の穴場と言えば、イオンの屋上駐車場を思い浮かぶ人も多いのでは?
打ち上げ会場の近くに、イオンモール伊丹(ダイヤモンドシティ)が存在。

一般開放されていれば、トイレや食料調達の心配なしに観覧が可能です。

3か所の穴場スポットの場所は、上記の地図で丸で囲ってあります。
あくまで会場周辺の穴場スポット。
場所取りは必要ですので、ご了承下さい。

いたみ花火大会の駐車場

いたみ花火大会では、駐車場が用意されていません。
当日は、会場周辺で交通規制があります。

車での来場は、回避した方が無難ですよ。
あるいは、会場から少し離れた場所に駐車して、そこから公共交通機関を利用して下さい。

篠山城跡へのアクセス

会場がある神津大橋河川敷両岸への行き方です。

JR伊丹駅から徒歩10分。
あるいは、阪急電鉄伊丹駅から徒歩20分で到着します。

周辺地図は、観覧場所と穴場スポットの項を参考にして下さい。

関西のオススメ花火大会
大阪
なにわ淀川花火大会、最寄り駅や穴場はココ。有料チケットで観覧。
教祖祭PL花火芸術、バスツアーや穴場の観覧場所を紹介。
天神祭奉納花火、観覧スポットや穴場。ホテルで観賞。
兵庫
みなとこうべ海上花火大会、有料席やホテルで観覧。
淡路市夏まつりの花火大会、穴場や駐車所、ホテルの情報。
滋賀
びわ湖大花火大会、ホテルや有料観覧席、穴場でゆったり観賞。