読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

千本ゑんま堂(引接寺)で除夜の鐘2016。

京都観光 京都市上京区 京都のお寺 京都の除夜の鐘

千本ゑんま堂(引接寺)は、京都市上京区にあります。
除夜の鐘を、撞く事が出来るお寺です。

除夜の鐘とは、大晦日から元旦にかけて撞く鐘の事です。
全国各地で、大晦日の夜に鳴り響きます。

鐘が撞かれる回数は、108つ。
人間が持つ煩悩の数108つと同じです。

108回撞く事により、煩悩を浄化します。
その響きを聞いた事がある人は、多いのではないでしょうか。

引接寺の大晦日は、除夜の鐘の他にも行事があります。
それは、ゑんま堂茶室ふげん堂で開かれる除夜釜です。

除夜釜は、有料となっています。
そして、予約が必要です。

今回は、千本ゑんま堂(引接寺)の鐘を紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



千本ゑんま堂(引接寺)で除夜の鐘の見所

千本ゑんま堂(引接寺)で除夜の鐘の概要

引接寺の除夜の鐘は、一般参加が可能です。
事前に予約などは、必要ありません。

f:id:sarunokinobori:20161219113054j:plain
(千本ゑんま堂の鐘つき堂)

引接寺で撞かれる梵鐘は、境内の北側にあります。
藤井國安の刻銘がある梵鐘です。

除夜の鐘の他に、お精霊迎え(※)の時も活躍します。

(※千本ゑんま堂(引接寺)のお精霊迎えは、こちらを参照して下さい。
千本ゑんま堂(引接寺)のお精霊迎え・送り。

引接寺の除夜の鐘は、108つではありません。
108回撞き終わっても、撞く事が可能だそうです。

開始時間は、23時45分からとなっています。
参加料は、志納制です。

志納とは、志に見合った額の事。
決まった額は、定められていません。

ただ、最低料金が設定されている場合があります。
また、暗黙の了解で、相場というのも存在します。

御朱印が志納だった場合は、300円から500円が目安です。
拝観が志納だった場合も、同じく300円から500円でしょう。

除夜の鐘だった場合は、どうでしょうか?
個人的にですが、100円以上なら問題ないと思います。

引接寺では、事前に整理券が発行されます。
整理券の発行は、23時からです。

また、大晦日には、17時から除夜釜と茶釜供養も行われます。
予約制となっており、料金は3,000円です。

古い茶釜の供養とお茶席での一服。
茶筅を燃やした火で焼いたおもちが頂けます。

また、おそば付きです。
気になる方は、千本ゑんま堂へ問い合わせてみて下さい。

引接寺(千本ゑんま堂)について

引接寺は、小野篁が閻魔法王の姿を刻んだ像を、祠に安置して建立したのが始まりと伝えれれています。

小野篁とは、平安時代前期の公卿です。
昼は宮中、夜は閻魔大王に仕えていたという伝説を持っています。

ご本尊は、もちろん閻魔法王。
高さ2.4m、幅2.4mの木製の像です。

残念ながら、創建当初に安置されていた閻魔法王の像は、応仁の乱の戦火により、焼失してしまいました。

現在は、長享二年に仏師・定勢によって再現された像です。

この地は、かつては京都三大葬送地の1つ蓮台野の入口にあたります。
そのため、石仏や卒塔婆が無数に、この周辺にはありました。

その事から、千本という地名が残ったと伝わっています。
千本ゑんま堂と呼ばれるのも、この地名からきています。

千本ゑんま堂の駐車場

駐車場はありません。
公共交通機関をご利用下さい。

千本ゑんま堂へのアクセス

京都市バス「千本鞍馬口」もしくは「乾隆高前」停留所で下車してすぐ。

f:id:sarunokinobori:20150427144943j:plain
(周辺地図)

京都の大晦日
京都で除夜の鐘を撞けるお寺。

千本ゑんま堂(引接寺)の祭事・行事
千本ゑんま堂大念仏狂言。雨天は決行。
千本ゑんま堂(引接寺)の風祭り。