読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

酬恩庵一休寺の枯山水庭園、ライトアップ開催。

酬恩庵一休寺は、京都府京田辺市にあります。
とんちで有名な一休和尚が晩年過ごしたお寺です。

そんな一休寺には、人気の庭園が存在しています。
国の名勝に指定されている枯山水庭園です。

その枯山水庭園が期間限定でライトアップされます。
期間は、GW(ゴールデンウィーク)の4日間。

今回は、酬恩庵一休寺の枯山水庭園ライトアップを紹介します。
少しでも何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



酬恩庵一休寺の枯山水庭園の見所

酬恩庵一休寺の枯山水庭園の概要

酬恩庵一休寺の枯山水庭園は、国の名勝に指定されている庭です。
北庭と南庭に分かれています。

北庭は、禅院枯山水としての蓬莱庭園です。
東北隅には巨大な観音岩を配しています。

そして、観音岩に他の石組を合わせる事により、枯滝落水を表現。
見応えがある庭園で、人気が高いです。

作庭は、石川丈山、松花堂昭乗、佐川田喜六。
この3名の合作と伝わっています。

f:id:sarunokinobori:20160418211229j:plain
南庭は、虎丘を背景とした禅苑庭園です。
建物の北部斜面にサツキの苅込、西部に蘇鉄が存在。

また、刈込から軒下の間に、白砂が敷き詰められています。
落ち着いた雰囲気の庭です。

一休寺の枯山水庭園のライトアップ

一休寺の枯山水庭園のライトアップの情報です。
ライトアップされる期間は、GW(ゴールデンウィーク)の4日間。

平成28年(2016)5月4日から5月7日まで。
時間は、17時30分から21時です。

拝観料金は、1,000円。
照明デザイナーの原田武敏さんが、ライトアップを演出します。

酬恩庵一休寺の駐車場

一休寺は、有料駐車場があります。
乗用車300円、小型・中型バス500円、大型バス800円。

車で参拝を考えている方。
利用してみてはいかがでしょうか。

酬恩庵一休寺へのアクセス

酬恩庵一休寺への行き方です。

近鉄京都駅から乗車。
近鉄新田辺駅で下車、徒歩20分。

近鉄新田辺駅から一休寺までの距離は、約1.5キロ。
タクシーを利用すると、約5分ほどで到着します。

f:id:sarunokinobori:20160418211337j:plain
(周辺地図)