京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

本満寺の芍薬2018、見頃や開花情報。

本満寺は、京都市上京区にあります。
地元の人から「出町の妙見さん」と呼ばれて親しまれているお寺です。

最近では、春から初夏にかけての植物が綺麗に咲く事で、人気上昇中。
初夏の時期なら、芍薬(シャクヤク)が綺麗に咲きます。

芍薬は、ボタン科の多年草。
花が、ボタンと似ているのが特徴です。

初夏と言えば、強烈に暑くなる一歩手前。
出歩くにはちょうど良い季節かもしれません。

本満寺に参拝して、芍薬(しゃくやく)を観賞してみませんか?

【スポンサーリンク】



本満寺のシャクヤクの開花状況

本満寺の芍薬

本満寺は、境内に咲くしだれ桜が有名です。
そのしだれ桜が咲き終わると、牡丹の出番。

そして、牡丹の見頃が過ぎた頃、芍薬(しゃくやく)が咲きます。
芍薬が咲く場所は、本堂前と南門前です。

f:id:sarunokinobori:20150516140409j:plain
見頃の時期には、紅色や白色をした大きな花を咲かせます。
例年の見頃は、5月中旬頃です。

本満寺の駐車場

参拝者用に、2台分駐車できるスペースがあるみたいです。
利用可能か、事前に事務所に問い合わせて確認して下さい。

駐車スペースが狭いので、公共交通機関を利用した方が、無難かもしれません。

本満寺へのアクセス

本満寺への行き方です。

京阪出町柳駅・叡山電車出町柳駅から徒歩約10分で到着。

f:id:sarunokinobori:20150423183012j:plain
(周辺地図)