読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

平安神宮のカキツバタ2016、見頃や開花状況。

平安神宮は、平安遷都1100年記念行事の一環で、京都市左京区に創建された神社です。

創建は、京都の神社の中では新しいのですが、京都を代表する神社の1つとなっています。

その平安神宮には、神苑が存在。
総面積は、約10,000坪。
四季折々の花が楽しめるとあって、年中人気が高い庭です。

この初夏の時期だと、杜若(カキツバタ)を楽しむ事が出来ます。

【スポンサーリンク】



平安神宮のかきつばたの開花情報

平安神宮の杜若(カキツバタ)

平安神宮の神苑の杜若は、約1,000株植えられており、蒼龍池で観賞する事が可能です。

見頃の時期になると、蒼龍池を美しい紫に彩ります。
見ごろは、5月上旬から5月下旬と、約1ヵ月近く楽しめるのが特徴です。

平安神宮の神苑の杜若は、大きく分けると2種類楽しめます。

まずは、普通の紫色をしている杜若。
一般的に、よく見かけるカキツバタだと思います。

そして、もう1つが白地に紫も模様が入った杜若。
折鶴と呼ばれている珍しいかきつばたです。

f:id:sarunokinobori:20150428191249j:plain
花の姿が、千代紙で折った鶴の姿に似ている事から、この名が付けられました。
光格天皇がご遺愛された花としても有名です。

5月に平安神宮の神苑を訪れようと思っている方は、ぜひ探して観賞して楽しんで下さい。

蒼龍池の畔に、折鶴と書かれた立て看板が設置されているので、発見は簡単だと思います。

平安神宮の杜若の見頃や開花状況

今年の平安神宮のカキツバタの見頃や開花状況です。

平成28年(2016)
平成28年(2016)5月10日:見頃前です。
平成28年(2016)5月19日:見頃となっています。

過去の平安神宮の杜若の開花状況

過去の平安神宮のカキツバタの見頃や開花状況です。

平成27年(2015)
平成27年(2015)4月26日:咲き始め。まだ見頃ではありません。
平成27年(2015)4月30日:折鶴も開花。
平成27年(2015)5月3日:見頃です。
平成27年(2015)5月7日:見頃継続中。
平成27年(2015)5月9日:折鶴も見応えありの状態。

平安神宮の四季

平安神宮の神苑は、四季の移ろいが楽しめる庭です。
杜若(カキツバタ)以外に、どのような植物が楽しめるのでしょうか。


平安神宮の桜。見頃や神苑の開花状況。ライトアップ情報。


平安神宮の睡蓮、見頃や開花状況。

駐車場は?

平安神宮の境内には、駐車場はありません。
ただ、近くに京都市市営駐車場が存在します。

車で来る予定の方は、そちらの駐車場を利用して下さい。

平安神宮へのアクセス

平安神宮への行き方です。

JR京都駅・阪急河原町駅から市バス5系統に乗車。
平安神宮前で下車、すぐ。

京阪三条駅より徒歩15分。
地下鉄東山駅より徒歩10分です。

f:id:sarunokinobori:20150217172337j:plain
(周辺地図)

京都の杜若の名所
京都のかきつばたの名所5選。