京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

原谷苑の桜2017。見ごろや開花状況。

原谷苑は、京都市北区にあります。
原谷苑に桜が咲き誇る時に、一般公開される個人庭園です。

入苑料金は、見頃によって価格が変る変動制を採用しています。
最高料金は、1,500円です。

原谷苑に桜が見ごろ=最高料金となっています。
この金額になった時、見ごろを迎えたと考えて良いのではないでしょうか。

以前は、地元の人しか知らない、京都の桜の隠れた名所でした。
昔は、雑誌にもほとんど掲載されなかったのではないでしょうか。

しかし、インターネットやSNSの発達により、徐々に原谷苑に桜の存在が知らるようになりました。

今では市内・近県の方たち問わずに、全国から原谷苑のしだれ桜を見ようと、春には多くの人が足を運びます。

今回は、そんな美しい原谷苑のしだれ桜の紹介です。
見頃や開花情報、見所を掲載しています。

【スポンサーリンク】



原谷苑の桜。八重の紅枝垂桜の開花情報

原谷苑の桜

原谷苑は、ガラクタやゴミが散乱し、養分もない不毛な土地でした。
土地の開拓当初は、試しに様々な樹木が植えられたそうです。

桜やつつじなどの観賞木、桃や栗、柿などの果樹木。
しかし、残念ながら果樹木は育たず、桜の種類のみが順調に育ちます。

f:id:sarunokinobori:20150407174704j:plain
(原谷苑のしだれ桜)

その桜を丁寧に育てていると、原谷苑の桜は美しいと評判に。
それではと、春の時期だけ一般公開されるようになったのです。

f:id:sarunokinobori:20150407175317j:plain
原谷苑の広さは、4,000坪。
ソメイヨシノ・源氏枝垂れ、紅枝垂桜など、約20種400本の桜が植えれています。

4,000坪は、0.0132 平方キロメートル。
甲子園球場の約0.3個分の広さです。
東京ドームでも約0.3個分の広さとなります。

隣の県の滋賀にある琵琶湖で換算すると、約0.0001個ぶんです。
球場や湖に換算すると、全くその大きさが分かりませんね。

それでは畳で、換算します。
8,000畳です。

本当にどうでもいいですね。
話を、原谷苑の桜に戻します。

f:id:sarunokinobori:20150407173659j:plain
原谷苑の見所と言えば、天を覆い隠すよう咲く紅枝垂桜ではないでしょうか。
まさに、豪華絢爛な桜のトンネルです。

この桜のトンネルの下を散策したいがために、近県から訪れる人の気持ちが分かります。

京都らしいかと言えば、疑問です。
神社・お寺、古き良き町並みと一緒に、桜が観賞出来る訳ではありません。

ただ、桜の綺麗さは、京都の中でもトップクラスではないでしょうか。
純粋に花見をしたい方には、オススメの場所です。

原谷苑の入苑料

原谷苑の入苑料は、変動制です。
桜の開花具合や土日休日によって、価格が変ります。
最低300円から最高1,500円です。

1,500円は高めですが、桜好きなら払ってでも見る価値はあると思います。

駐車場の問題

原谷苑は、仁和寺の北、金閣寺の北西に位置する場所にあります。
徒歩でも行けない事はないのですが、ちょっと遠い。
訪れるとしたら、タクシーかバスになります。

自家用車で行きたい人がいるかもしれません。
しかし、原谷苑側が禁止していますので、無理です。

強引にマイカーで訪れても、駐車場がないので諦めて下さい。
送り迎えだけでも、交通渋滞の原因になるので禁止ですよ。

原谷苑は、あくまで個人庭園を一般開放しているだけです。
マナーはきちんと守りしょう。

もしマイカーで訪れた場合、金閣寺・仁和寺付近にある駐車場に止めてから、原谷苑へ向かって下さい。
徒歩だと、約30分ぐらいです。
いい運動になりますよ。

原谷苑の桜の見頃と開花情報

今年の原谷苑の桜の見頃や開花状況です。

平成29年(2017)の開花状況
平成29年(2017)3月28日:まだつぼみ多し。
平成29年(2017)4月5日:咲き始めています。ただ見頃ではありません。
平成29年(2017)4月10日:見頃手前。
平成29年(2017)4月15日:満開です。
平成29年(2017)4月17日:まだ見る事が出来ます。

過去の原谷苑の桜の開花状況

原谷苑の桜の開花は、例年4月上旬です。
紅枝垂桜の見ごろは、4月中旬頃となっています。

遅咲きの桜も植えられているので、4月下旬に訪れても楽しめます。

平成27年(2015)の開花状況
平成27年(2015)3月24日:咲き始め。
平成27年(2015)4月2日:見ごろ。
平成27年(2015)4月7日:まだ見頃です。
平成27年(2015)4月14日:見頃は過ぎていますが、楽しめます。
平成27年(2015)4月17日:まだ見る事が可能です。

平成28年(2016)の開花状況
平成28年(2016)3月26日:開園。
平成28年(2016)3月28日:苑全体、咲き始め。
平成28年(2016)3月31日:苑全体、見頃手前。
平成28年(2016)4月1日:ほぼ満開の桜あり。
平成28年(2016)4月4日:満開、見頃です。
平成28年(2016)4月8日:見ごろ継続中。

シャトルバスの情報

原谷苑では、しだれ桜の見頃の合わせて、シャトルバスでの無料送迎が開始。
私の場合、行きは徒歩で訪れる事がありますが、帰りはこのバスを利用します。

乗車場所は、わら天神前。
2016年の運行は未定です。

原谷苑へのアクセス

御室仁和寺から徒歩30分。
JR円町駅からタクシーで約10分で到着します。

わら天神からシャトルバスも運行中。
ただし、平成27年(2015)の運行は終了。

f:id:sarunokinobori:20150225164933j:plain

他の京都の桜の名所はこちらから。
京都の桜。見ごろや開花時期。桜の名所も掲載中。