京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

醍醐寺の紅葉2017、見ごろや現在の状況。ライトアップなし

醍醐寺は、京都市伏見区にあります。
醍醐寺と言えば桜の名所。
しかし、醍醐寺の紅葉も負けずに綺麗です。

境内の至る場所で紅葉して、絵になる光景を見せてくれます。
広い境内を散策しながら、紅葉狩りが楽しめるのが醍醐寺の特徴です。

この寺を語る上で忘れてはならない人物がいます。
天下統一を果たした、豊臣秀吉です。

豊臣秀吉は、醍醐寺を桜の名所にした人物。
また、醍醐の花見を実現したのも秀吉です。

しかしその豊臣秀吉は、醍醐の紅葉を見ずに亡くなりました。
そんな彼の代わりに秋の醍醐寺に訪れて、紅葉狩りを楽しみませんか?

今回は、そんな醍醐寺の紅葉の見ごろや現在の状況の紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



醍醐寺の紅葉の色づき具合

醍醐寺の紅葉

醍醐寺の紅葉は、境内の至る場所で観賞出来ます。
三宝院の紅葉が人気が高いです。

f:id:sarunokinobori:20151003183739j:plain
例年の醍醐寺の紅葉の色づき始めが、11月上旬。
そして、見頃が11月中旬から12月上旬です。

醍醐寺の境内は、とても広いです。
そのため、のんびりと時間をかけて散策出来るのが特徴です。

ただ、広い故に少しばかり拝観料金が掛かります。
三宝院の拝観料が大人600円、上醍醐の入山料も大人600円。
伽藍(金堂・五重塔など)の拝観料金も大人600円です。

共通券で割引になりますので、上手に活用して少しでも節約して下さい。
三宝院と伽藍の拝観は、共通券を利用すると1,000円です。

醍醐寺の紅葉の観賞場所や撮影スポット

醍醐寺の紅葉の観賞場所や撮影スポットの紹介です。

境内

醍醐寺の境内のあちらこちらで色づく紅葉。
観音堂や弁天堂周辺で紅葉が、人気があります。

特に弁天堂がある林泉の周りで色づく紅葉は、美しいです。
水面の写り込み揺らめく紅葉は、見応えがありますよ。

何度も書きますが、境内は本当に広いです。
ゆったりと自分だけのお気に入り紅葉狩りスポットを探して下さいね。

三宝院

三宝院の庭園は、豊臣秀吉が基本設計した庭です。
桃山時代の雰囲気を楽しめますよ。

その庭で色づく紅葉と黄葉。
そして松などの緑や白砂など、色彩豊かな光景を見る事が可能です。

秋の醍醐寺へ訪れて、心行くまで三宝院の庭園を満喫して下さいね。

醍醐寺の紅葉のライトアップ

※平成28年のライトアップはありません。

秋の醍醐寺では、平成23年よりライトアップが催されます。
ただし、秋の夜間拝観は毎年必ず実施されるとは限りません。

ちなみに、平成27年は、以下のような内容でした。

期間は、平成27年(2015)11月14日から11月30日まで。
時間は、18時から20時50分。

拝観料金は、1,000円です。
そこそこしますが、昼間と違った雰囲気が楽しめますよ。

夜間拝観は、下伽藍のみです。
金堂や五重塔、林泉などがライトアップされます。

醍醐寺の紅葉の見頃の時期と状況

今年の醍醐寺の紅葉の見ごろや色づき具合の紹介です。

平成29年(2017)
平成29年(2017):-。

過去の醍醐寺の紅葉の見ごろ情報

過去の見頃を知る事により、今年の見ごろの予想に役立てて下さい。

平成26年(2014)
平成26年(2014)11月10日:色づき始め。
平成26年(2014)11月22日:ほぼ見頃。

平成27年(2015)
平成27年(2015)11月3日:全体的に色づき始め。弁天堂は、見頃前。
平成27年(2015)11月8日:全体的に色づき進行中。弁天堂は、ほぼ見頃。
平成27年(2015)11月13日:弁天堂、見頃。三宝院庭園、色づき進行中。
平成27年(2015)11月18日:境内全体、見頃です。
平成27年(2015)11月21日:五重塔周辺、見頃。弁天堂は散っています。
平成27年(2015)11月27日:見頃過ぎ。

平成28年(2016)
平成28年(2016)10月27日:色づき始め。
平成28年(2016)10月31日:弁天堂周辺、色づいています。
平成28年(2016)11月5日:三宝院庭園・唐門、綺麗に色づき中。
平成28年(2016)11月9日:見頃手前。十分楽しめます。
平成28年(2016)11月12日:参道は色づき始めですが、他はほぼ見頃です。
平成28年(2016)11月19日:境内全体、見頃となりました。
平成28年(2016)11月23日:散り始めています。
平成28年(2016)11月27日:さらに散っています。

醍醐寺の駐車場

醍醐寺は、駐車場を完備しています。
普通車約100台が収容可能です。
5時間まで700円で利用できます。

秋の醍醐寺は混雑します。
公共交通機関の利用した方が良いかもしれません。

醍醐寺へのアクセス

醍醐寺への行き方です。

京都駅から地下鉄に乗車、烏丸御池駅で東西線に乗り換え。
東西線で醍醐駅へ、2番出口から出て徒歩3~4分程で到着します。

f:id:sarunokinobori:20150210153114j:plain
(周辺地図)

京都の紅葉の名所
京都の紅葉、見頃や時期。名所や穴場も掲載。