読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

醍醐寺で除夜の鐘2016。予約整理券あり。

京都観光 京都市伏見区 京都のお寺 京都の除夜の鐘

醍醐寺は、京都市伏見区にあります。
除夜の鐘を、大晦日に撞く事が出来るお寺です。

最近は、大晦日の昼に撞かれる事もある除夜の鐘。
しかし醍醐寺の除夜の鐘は、変わらず大晦日の夜に撞かれます。

それでは、どうしたら醍醐寺で撞く事が出来るのでしょうか。
当日醍醐寺に、ぷらり訪れても撞く事は出来ません。

なぜなら、事前申し込み制だからです。
醍醐寺に訪れて、予約整理券を貰わなければいけません。

また、鐘を撞くには、鐘撞き料も必要です。
そのため、1回の鐘を撞くのにそこそこお金がかかります。

もちろん鐘を撞くだけなく、おそばの接待などもありです。
それを含めても、個人的には少し高いかなと思います。

今回は、醍醐寺の鐘を紹介します。
少しでも、何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



醍醐寺で除夜の鐘の見所

醍醐寺の除夜の鐘の概要

醍醐寺の除夜の鐘は、一般の方が参加出来ます。
ただし、事前の申し込みが必要です。

f:id:sarunokinobori:20161223192540j:plain
(醍醐寺の鐘)

事前申し込みは、三宝院納経所で受付しています。
ここで、予約整理券を手に入れて下さい。

奉納料(鐘撞き料)は、1,000円です。
おそばの接待・お守りの授与などが付いてきます。

事前申し込みの開始日は、12月10日から。
時間は、9時からとなっています。

また、醍醐寺友の会会員の方は、さらに早い事前予約が可能です。

醍醐寺の除夜は、金堂前と観音堂横の2か所で撞かれます。
撞かれる鐘の回数は、各106打限定です。

当日の醍醐寺の大きな流れは、以下の通りとなっています。

★醍醐寺の大晦日★

12月31日:22時30分から大晦日法要。
場所は、金堂。

1月1日:0時から除夜の鐘、奉納料1,000円。
場所は、金堂前・観音堂横。

1月1日:0時から年越しそばの接待、先着500名様まで。
場所は、金堂前広場。

-終了-

醍醐寺の最寄駅は、京都市営地下鉄東西線「醍醐駅」。
京都市営地下鉄は、大晦日の夜から元旦にかけて終日運行です。

また、醍醐寺の駐車場も夜間開いています(※)。
しかも、無料です。

(※1月1日2時30分に閉鎖)

そのため、移動手段に関しては、何も心配する事はありません。
やはり問題となってくるのは、料金です。

醍醐寺は、もともと拝観料金が高いお寺。
通常期でも800円、春期と秋期になると1,500円になります(※)。

(※下醍醐だけの拝観料金です。
上醍醐に入山する場合は、500円から600円が必要となります。)

拝観料金は、高いのです。
しかし、春と秋の醍醐寺は、それに見合う価値はあると思います。

特に春の桜の時期の醍醐寺の境内は、とても華やかに彩られます(※)。
唯一無二の光景で、1度は訪れて欲しい場所です。

(※その時の様子は、こちらを参照して下さい。
醍醐寺の桜。見頃や開花状況。魅力を写真で紹介。

しかし、除夜の鐘となると話は別です。
京都市内には、無料で鐘が撞ける場所が多くあります。

また、温かい飲み物などの無料の接待があるお寺も、数多くあります。
その事を考えると、私にとって奉納料1,000円は高いです。

ただ、あくまで私個人が高いと思うだけの事。
有料でも、世界遺産の醍醐寺で鐘を撞きたいと思う方は、多くいると思います。

醍醐寺で除夜の鐘を撞きたい!!
そして、境内で新年を迎えて年越しそばを堪能したい。

そのように思う方は、醍醐寺で除夜の鐘を撞きに行きませんか?
まずは、醍醐寺に電話で問い合わせて、整理券がまだあるか確認して下さい。

いきなり訪れても、撞く事は出来ません。
ご注意ください。

醍醐寺の駐車場

醍醐寺は、駐車場を完備しています。
普通車約100台が収容可能です。

5時間まで700円で利用できます。
12月31日から1月1日の2時30分まで無料です。

醍醐寺へのアクセス

醍醐寺への行き方です。

京都駅から地下鉄に乗車、烏丸御池駅で東西線に乗り換え。
東西線で醍醐駅へ、2番出口から出て徒歩5分程で到着します。

さらに詳しいアクセス方法は、こちらを参照して下さい。
醍醐寺へのアクセス。京都駅からの行き方。

f:id:sarunokinobori:20150210153114j:plain
(周辺地図)

京都の大晦日
京都で除夜の鐘を撞けるお寺。

醍醐寺の祭事・行事
醍醐寺の五大力さん(五大力尊仁王会)。御影や餅上げを観賞。
豊太閤花見行列。醍醐寺で豊臣秀吉が狂言を観賞。
醍醐寺万灯会。ライトアップや夜店あり。

醍醐寺の四季/span>
醍醐寺の新緑、青もみじと弁天堂。
醍醐寺の紅葉、見ごろや現在の状況。ライトアップなし。