読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

智積院の梅。

智積院を訪れた時、梅を見てきました。
その時の写真は、「智積院の梅」に掲載しています。

智積院は、京都市東山区にあるお寺です。
京都の四季の花が楽しめる、隠れた名所となっています。

梅、桜、アジサイ、つつじ、さつきなど。
広い境内のあちらこちらで、美しく咲きます。

それなのに、観光客が少ないのが特徴です。
ゆったりと、季節の花を楽しむ事が出来ますよ。

そんな智積院へ、訪れました。
私が訪れたのは、3月上旬です。

境内には、ちょうど梅が美しく咲いていました。

今回は、その智積院の梅を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

【スポンサーリンク】



智積院の梅の見所

智積院の梅

法住寺で、梅を見ました(※)。

(※法住寺の梅の写真は、、こちらを掲載しています。
法住寺の梅。

その後、東へと移動。
向かった先は、智積院です。

智積院は、知る人ぞ知る花の名所。
3月前半の境内では、梅の花が楽しめます。

その後、三十三間堂の東向にある法住寺へ移動。

f:id:sarunokinobori:20170309223116j:plain
智積院へ、到着しました。
智積院を訪れるのは、雪が降った日以来です。

この雪の日も、早咲きの梅を見ました。
梅の花に雪が積もるレアな光景を見る事が出来たのを、覚えています。

(※雪の智積院の境内の様子は、、こちらを掲載しています。
智積院の雪のトンネルと白銀の境内。

あの時の参道は、木々に雪が積もり雪の華を咲かせていました。
現在は、参道の両端に、白梅と紅梅が咲きています。

f:id:sarunokinobori:20170309223123j:plain
智積院の参道に咲く梅は、木の高さが低いです。

f:id:sarunokinobori:20170309223134j:plain
その分、すぐ近くで梅の花を見る事が出来ます。
また、写真も撮りやすいです。

f:id:sarunokinobori:20170309223140j:plain
境内には、人はいません。
いつもなら1、2人の方に会うのですが……。

今回は、誰にも会いませんでした。

そのおかげで、ゆったりと梅の花を観賞。
そして、撮影出来ました。

f:id:sarunokinobori:20170309223150j:plain
金堂を背景に、梅の花を撮影。

f:id:sarunokinobori:20170309223156j:plain
こちらは、金堂の裏にある梅林です。
全体的に、4分咲きといった所でしょうか。

智積院の梅は、まだ見頃を迎えていませんでした。
見ごろを迎えるのは、3月中頃ではないでしょうか。

智積院の境内は、無料で散策出来ます。
京都の梅を気軽に見たい方に、おススメですよ。

近くに、京都の観光名所の中で人気が高い、三十三間堂があります。
三十三間堂を拝観した後にでも、智積院に立ち寄ってみて下さいね。

智積院の駐車場

智積院には、駐車場があります。
無料で駐車可能です。

バス10台、普通車30台を駐車出来ます。

智積院へのアクセス

智積院への行き方です。

京都駅から市バス100・206・208系統に乗車。
東山七条停留所で下車、徒歩約3分。

京阪電車・七条駅から徒歩約10分。

さらに詳しいアクセス方法は、こちらです。
智積院へのアクセス。京都駅からの行き方。

f:id:sarunokinobori:20150515231714j:plain
(周辺地図)

智積院の四季
智積院の新緑、青もみじの境内を散策。
智積院のさつき、見頃や開花情報。
智積院のあじさい、見頃や開花情報。
智積院の桔梗、見頃や開花情報。

智積院の行事・祭事
智積院の観月会。名勝庭園ライトアップ。
智積院の除夜の鐘。