京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

智積院の青葉まつり2017、雨天決行。

智積院は、京都市東山区にあります。
三十三間堂を少し東に歩けば、そこが智積院です。

智積院と言えば、利休好みの庭と言われる名勝庭園が有名。
四季折々の風景が楽しめる庭園です。
特にツツジやサツキが咲く頃が人気が高く、多くの人が訪れます。

この名勝庭園を観賞するには、拝観料が必要です。
大人500円・中高生300円・小学生200円となっています。

智積院を参拝したら、1度は見て欲しい庭です。
しかし、500円は勿体ないと思う方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、智積院の青葉まつりの日に参拝しませんか?
この日は、普段拝観料が必要な国宝収蔵庫や名勝庭園が、無料で拝観する事が出来ますよ。

【スポンサーリンク】



智積院の青葉まつり、名勝庭園を無料拝観

智積院の青葉まつり

智積院の青葉まつりは、毎年6月に行われる行事です。
今年は、平成29年(2017)6月15日に行われます。

f:id:sarunokinobori:20150612094454j:plain
真言宗の宗祖・弘法大師(空海)と中興の祖・興教大師(覚鑁)の誕生を祝う行事です。
ちなみに、正式名称は「両祖大師御生誕慶祝法要」。

午前10時からは、雅楽の美しい音色の中、法要が盛大に執り行われます。
また、午前11時からは金堂の前庭にて、大護摩供法要が開始。

これらを見学したい方は、午前中に智積院へ訪れましょう。
国宝収蔵庫や名勝庭園のみ目当ての方は、午後からゆったりと来るのもありかと思います。

雨天の場合ですが、荒天候でない限りはやるみたいです。
智積院の青葉まつり当日、雨が降っていたが行事はやっていたという報告を受けていますので、多分雨天決行だと思います。

智積院の駐車場

智積院には、無料駐車場があります。
バス10台、普通車30台を駐車可能

ただし、行事の時は大変混雑が予想されます。
公共交通機関で訪れる方が、無難かもしれません。

智積院へのアクセス

智積院への行き方です。

京都駅から市バス100・206・208系統に乗車。
東山七条停留所で下車、徒歩約3分でお寺に到着です。

京阪電車・七条駅から徒歩約10分。

f:id:sarunokinobori:20150515231714j:plain
(周辺地図)