京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

万博記念公園のバラ2016、見頃や開花状況。

万博記念公園は、大阪府吹田市にあります。
万博公園とも呼ばれていますが、どちらも通称です。

正式名称は、日本万国博覧会記念公園。
日本万国博覧会の跡地を整備して完成しました。

800,000坪という広大な敷地内に、四季折々の花が咲き、年中楽しめます。
関西の公園らしく甲子園球場で数えると、約66個分の大きさです。

f:id:sarunokinobori:20150509125929j:plain
マンガ「20世紀少年」のファンなら、ある意味聖地。
太陽の塔が、どど~んと出迎えてくれますよ。

私もモノレールに乗って、時々花の写真を撮りに行きます。
この時期だと、バラやポピーが観賞可能です。

【スポンサーリンク】



万博公園の薔薇の開花情報

万博記念公園のバラ

万博記念公園のバラは、自然文化園の平和のバラ園で鑑賞する事が出来ます。
万博開催時に、世界9カ国より寄贈されたバラが中心。

f:id:sarunokinobori:20150509130301j:plain
その数は、約90種5,600本。
太陽の塔の裏手は、見頃の時期になるとバラで埋め尽くされます。

バラのかぐわしい香りの中、写真を撮ったりバラのアーチをくぐったりして、楽しむ事が可能です。

万博記念公園ローズフェスタ

バラが見頃の時期に行われる「万博記念公園ローズフェスタ」。
今年は、2015年5月16日~31日の予定となっています。

万博記念公園の概要

万博記念公園は、無料で入園出来る公園ではありません。
大人250円、小中学生70円が必要です。

開園時間は、9時30分から17時まで。
休園日は、毎週水曜日となっています。

市民憩いの場所なので、多くの子供が遊んでいる光景をよく目にする、ほのぼのとした公園です。

万博記念公園のバラの見頃や開花情報

今年の万博記念公園のバラの開花状況です。

平成28年(2016)
平成28年(2016)5月8日:そこそこ見頃です。

万博記念公園のバラの開花情報

過去の万博記念公園のバラの開花状況です。

平成27年(2015)
平成27年(2015)5月9日:6分咲き。
平成27年(2015)5月12日:見頃です。
平成27年(2015)5月16日:見ごろ継続中。
平成27年(2015)5月23日:まだ見頃。楽しめます。

万博記念公園の駐車場

5つの駐車場が完備しています。
アクセスしやすい駐車場に、止めて下さい。

万博記念公園へのアクセス

万博記念公園への行き方です。

大阪モノレール「万博記念公園駅」もしくは「公園東口駅」で下車。
私は、万博記念公園駅で下りています。

f:id:sarunokinobori:20150509130338j:plain
(周辺地図)