読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

京都・嵐山花灯路2016。ライトアップ時間や混雑具合。駐車場はあり。

京都・嵐山花灯路は、京都の冬の風物詩です。
紅葉も終わりつつある12月に行われます。

京都の観光地として人気が高い嵐山・嵯峨一帯の地域。
この地域の至る場所が、ライトアップされるイベントです。

嵐山の象徴的な存在の渡月橋も、もちろん美しくライトアップ。
そして、同じく嵐山の名所である竹林も幻想的な光に包まれますよ。

嵐山・嵯峨の澄んだ空気と合わさって、その光景はとても神秘的です。
12月の京都は寒いですが、それでも見る価値はあると思います。

京都・嵐山花灯路へ訪れて、写真を撮影してきました。
その写真と共に、京都・嵐山花灯路の魅力を伝えたいと思います。

今回は、そんな京都・嵐山花灯路の紹介です。
点灯時間や特別拝観が出来る場所などを掲載しています。

【スポンサーリンク】



京都・嵐山花灯路の見所

京都・嵐山花灯路の概要

京都・嵐山花灯路は、冬の京都の風物イベントです。
開催日は、平成27年(2016)12月9日から12月18日まで。

点灯時間は、17時から20時30分です。
嵐山の各所がライトアップされ、様々なイベントが開催されます。

嵐山のシンボルである渡月橋は、もちろんライトアップ。
その背景の山裾が青く照らされるのが特徴です。

光輝く渡月橋と青い光に彩られる山々。
とても幻想的な光景で、見る人を幽玄の世界へと誘ってくれます。

f:id:sarunokinobori:20161216021758j:plain
竹林の小径も光に包まれ、黄金色の世界に。
その美しさは、圧巻の一言です。

寺社や長神の社などもライトアップされますよ。
この時期にしか楽しむ事が出来ないイベントです。

混雑具合も、紅葉の時期の嵐山の人出に比べると少な目となります。
あの秋の混雑具合を耐えた人なら、問題ありません。

私が実際に訪れて混雑を感じたのは、ある区間のみです。
その区間とは、野々宮神社と竹林の小径。

野々宮神社は境内が狭く、竹林の小径は道幅が狭いです。
そのため、とても人が密集していました。

この2つの混雑が、一番だと思います。
後の場所は、それ程でもありませんでした。

もちろん、土曜日と日曜日の休日になると、混雑度は増します。

12月に京都旅行を考えている方。
嵐山花灯路は、オススメのイベントですよ。

家族や恋人とのデートにも、最適だと思います。
実際、家族連れや恋人たちが多かったです。

京都・嵐山花灯路の散策記

京都・嵐山花灯路が始めると聞いて、初日に訪れました。
嵐電(京福電車)で、嵐山へ。

f:id:sarunokinobori:20161216021846j:plain
嵐電・嵐山駅の「キモノ・フォレスト(友禅の光林)」です。
こちらは、嵐山花灯路とは関係ありません。

基本、毎日ライトアップされます。

夜の集客に弱いと言われている嵐山。
その夜の集客アップの1柱を担っています。

f:id:sarunokinobori:20161216021852j:plain
まずは、野宮神社へ。
縁結びで有名な神社です。

境内が狭いため、かなり混雑していました。

f:id:sarunokinobori:20161216021902j:plain
野宮神社の苔の庭のライトアップです。
直接見ると綺麗なのですが、写真で撮影するとイマイチ。

ここで何枚も撮影したのですが、上手に撮る事が出来ませんでした。

f:id:sarunokinobori:20161216021911j:plain
落垣舎へ向かっていた時にいた、鞄を持ったかぐや姫です。
タイトルは、「かぐや姫~星降る旅~」。

「自由になったかぐや姫は、愛する地球(ほし)を目指し旅に出ました。
目の前に広がる宇宙と、姫の新しい物語へ一緒に旅に出ませんか?」

銀河鉄道999が思い浮かんだのは、私だけでしょうか。

f:id:sarunokinobori:20161216021923j:plain
そして、落柿舎です。
入り口には、蓑と笠がかかっています。

これは、庵主の在庵と不在を示すものです。
蓑笠があれば在庵、なければ外出中を表しています。

f:id:sarunokinobori:20161216021930j:plain
落柿舎の前には、柿のオブジェがありました。
柿の実が光ったり、消えたりします。

そして、奥に見えるのが本物の柿です。

f:id:sarunokinobori:20161216022011j:plain
テクテク歩いて到着した小倉池です。
光が池に映り込んで、とても幻想的でした。

ただ、こうして見ると、シューティングゲームに出てくる敵みたいですね。

また、小倉池の奥には御髪神社があります。
残念ながら、夜なので参拝出来ませんでした。

f:id:sarunokinobori:20161216022019j:plain
竹林の小径です。
嵐山花灯路のライトアップ中で、1番綺麗な場所だと思います。

明るいので、写真も撮りやすかったです。
ただ、大混雑はしていました。

竹林だけ撮るなら、人は入りませんが……。
小径も撮影する場合、人を入れずに撮るのは、難しいと思います。

f:id:sarunokinobori:20161216022032j:plain
さらに歩いて、渡月橋へ。
そこから見た、青い光に彩られる嵐山。

辺りが暗いので、撮影が難しかったです。
写真はイマイチですが、実際に見ると綺麗でした。

f:id:sarunokinobori:20161216022042j:plain
渡月橋を渡って、法輪寺へ(※)。
境内の建物が、綺麗に彩られています。

混雑を予想していたのですが、思ってより空いていました。
また皆さん一歩下がって見ていたので、撮影がとても楽です。

※さらに詳しい様子は、こちらを参照して下さい。
法輪寺のD-K Live(デジタル掛け軸)。嵐山花灯路でライトアップ。

f:id:sarunokinobori:20161216022048j:plain
そして、帰りは阪急嵐山駅から乗車。
無事に自宅へと帰宅しました。

京都・嵐山花灯路の特別拝観

京都・嵐山花灯路開催中に夜間特別拝観される施設の紹介です。

落柿舎
俳人・向井去来の草庵。
向井去来は松尾芭蕉の弟子です。

芭蕉が滞在して嵯峨日記を著した場所でもあります。

大河内山荘庭園
映画で活躍した昭和の名優「大河内伝次郎」。
彼が丹精した庭園です。

四季折々の光景が楽しめる庭として、人気があります。

二尊院
本尊として釈迦・阿弥陀の二尊を祀っています。
参道は、紅葉の馬場とも呼ばれ、秋の観光名所として人気が高いです。

常寂光寺
小倉山の中腹にある日蓮宗の寺院です。
秋には、境内のあちこちで、美しい紅葉を見る事が出来ます。

宝厳院
大本山天龍寺の塔頭寺院です。
獅子吼の庭が美しい灯りに照らされます。

法輪寺
嵐山の中腹に位置する法輪寺。
デジタル絵画が境内を美しく彩ります。

ライトアップとは一味違った雰囲気を楽しみたい方。
法輪寺がオススメです。

野宮神社
伊勢神宮の斎宮に選ばれた皇女が精進潔斎したという神社。
本殿奥の苔庭が美しくライトアップされます。

京都・嵐山花灯路の駐車場

京都・嵐山花灯路では、駐車場が用意されていません。
ただ、京都・嵐山花灯路期間中に、利用出来る駐車場は存在します。

f:id:sarunokinobori:20151201194640j:plain
京都宝パーキングもその内に1つです。

f:id:sarunokinobori:20151201194651j:plain
レストラン嵐山も、過去のイベント期間中は利用出来ました。
今年も出来るのではないでしょうか。

タイムズ嵯峨天龍寺も会場からアクセスしやすいです。

ただ、会場周辺の駐車場は大変混雑します。
早めに訪れて確保するのが無難ではないでしょうか。

個人的には、交通渋滞や混雑も考えて、公共交通機関の利用が良いと思います。

京都・嵐山花灯路のアクセス

京都・嵐山花灯路への行き方です。

JR京都駅から乗車。
JR嵯峨嵐山駅で下車してすぐ。

あるいは、阪急電車に乗車。
嵐山駅で下車してすぐ。

阪急電車を利用する場合、河原町から約17分。
阪急梅田駅からだと約47分で嵐山駅に到着します。