読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

あじさい曼荼羅園2017、見頃や開花状況。

あじさい曼荼羅園は、救馬溪観音の境内にあります。
場所は、和歌山県上富田町です。

始まりは、昭和60年。
紫陽花好きの人たち集まって、救馬溪観音の境内に紫陽花を植えて楽しみました。

その後も、この活動は継続。
毎年植え続けて、ついにあじさい曼荼羅園が誕生。
平成14年6月1日の事です。

紫陽花が見頃の時期だけ開園するあじさい曼荼羅園。
開園期間は、6月1日から7月10日まで。
入園料(維持管理費)として、大人500円・小中学生250円が必要です。

ちなみに開園期間中は、休園日はありません。
いつ訪れても、あじさいを観賞する事が可能です。

【スポンサーリンク】



あじさい曼荼羅園の開花情報

あじさい曼荼羅園

あじさい曼荼羅園は、和歌山県でも屈指の紫陽花の名所。
その数は、約120種10,000万株。

しかも、毎年あじさいは植栽されているので、年々増え続けています。
常に前進を続けるあじさい園なのです。

場所は、馬渓観音の山頂付近。
自然そのものを利用しているので、動きやすい服装や歩きやすい靴は必須です。

場所柄、バリアフリーにはなっていません。
そこがあじさい曼荼羅園の弱点とも言えます。
車いすや足腰が弱い方は、訪れるのは難しいかもしれません。

f:id:sarunokinobori:20150531195027j:plain
見ごろの時期には、約2,000坪の園内は紫陽花色に染まります。
斜面に広がるあじさいの光景は、圧巻ですよ。

例年の見ごろの時期は、6月上中旬から6月下旬頃まで。
様々な種類のアジサイを園内に咲き誇ります。

あじさい曼荼羅園のあじさい祭

紫陽花が見ごろの頃に、あじさい祭が開催されます。

過去の平成27年(2015)のイベント情報です。

6月7日(日曜日)。
あじさい曼荼羅園Liveが開催。

6月14日(日曜日)。
六地蔵巡り・徳得不動祭。熊野高校吹奏楽部演奏会。
そして、白浜聖福寺御住職関守研悟僧正説法Liveが開催。

6月21日(日曜日)。
「ブランキー・ベアーズ・ブラス・バンド」演奏会が催されます。

あじさい曼荼羅園の見頃や開花情報

今年のあじさい曼荼羅園の開花情報です。

平成28年(2016)
平成28年(2016)5月15日:これから。
平成28年(2016)6月11日:ほぼ見頃。

あじさい曼荼羅園の開花情報

過去のあじさい曼荼羅園の開花情報です。

平成27年(2015)
平成27年(2015)6月1日:咲き始め。見本鉢は5分~6分咲きのものもあり。
平成27年(2015)6月13日:見頃です。

あじさい曼荼羅園の駐車場

あじさい曼荼羅園には、駐車場が存在します。
無料で利用可能です。

普通車約500台が駐車可能、
場所が場所なので、車を持っている方は、車で訪れた方が良いかもしれません。

あじさい曼荼羅園(救馬溪観音)へのアクセス

あじさい曼荼羅園(救馬溪観音)への行き方です。

JRきのくに線紀伊田辺駅もしくは白浜温泉駅下車。
そこからタクシーで約20分ほどで到着します。

f:id:sarunokinobori:20150531195059j:plain
(周辺地図)