読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

石清水八幡宮の新緑。

石清水八幡宮を訪れて、新緑を見てきました。
その時の写真は、「石清水八幡宮の新緑」に掲載しています。

石清水八幡宮は、京都府八幡市のある神社です。
本殿や楼門が、国宝に指定されています。

◆石清水八幡宮について◆

平安時代に、八幡宮総本社の宇佐神宮から勧請された神社です。
御本殿が、男山山頂に鎮座しています。

そのため、本殿を参詣するには、頂上まで上らなければいけません。
頂上まで行く方法は、大きく分けて2つあります。

1つは、階段を利用する方法。
もう1つが、山頂近くまでケーブルカーで移動する方法です。

階段のみ利用すれば、無料で本殿まで行く事が出来ます。
ただし、多少の体力が必要です。

ケーブルカーを利用すれば、山を上る距離が短縮出来ます。
ただし、ケーブルカーの料金が必要です。

どちらも、一長一短。
体力と足腰と相談して、本殿まで行く方法を選択して下さい。

-終-

今回は、そんな石清水八幡宮の新緑を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

石清水八幡宮五輪塔(航海記念塔)。

石清水八幡宮五輪塔を、見てきました。
その時の写真は、「石清水八幡宮五輪塔」に掲載しています。

石清水八幡宮五輪塔は、京都府八幡市のある石塔です。
神応寺の山門の近くにあります。

◆石清水八幡宮五輪塔について◆

鎌倉時代に制作された五輪石塔です。
国の重要文化財に指定されています。

石塔の高さ6メートル、地輪1辺2.4メートル。
石塔の各部分は、地・水・火・風・空の五大要素を表しています。

航海の安全を祈って参詣される事から、航海記念塔とも呼ばれる石塔です。

-終-

今回は、そんな石清水八幡宮五輪塔を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

さくらであい館の展望台。

さくらであい館を訪れて、展望台(展望塔?)に上ってみました。
その時の写真は、「さくらであい館の展望台」に掲載しています。

さくらであい館は、京都府八幡市のあるランドマークです。
背割堤のすぐ近くにあります。

背割堤は、京都府の桜の名所です。
全長約1.4キロあり、春には桜のトンネルが楽しめます。

そんな背割堤のそばにあるからさくらであい館です。
地域間の交流、また観光情報など発信されています。

さくらであい館には、展望台も隣接しています。
桜の見頃の時期は有料ですが、それ以外の時期は無料です。

今回は、そんなさくらであい館の展望台を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

背割堤の新緑。

背割堤を訪れて、新緑を見てきました。
その時の写真は、「背割堤の新緑」に掲載しています。

背割堤は、京都府八幡市にある堤防です。
全長約1.4キロある堤防となっています。

背割堤は、京都府の桜の名所です。
また、飲食が出来るお花見の名所でもあります。

桜が見頃の時期は、多くの人で賑わう場所です。
そして、桜の木の下で、お弁当を広げて楽しんでいます。

しかし、桜の季節以外は、人は少な目です。
ゆったりと散策する事が出来ます。

今回は、そんな背割堤の新緑を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

五辻殿跡と後鳥羽上皇。

京都市内を歩いている時、五辻殿跡の石碑を発見しました。
その時の写真は、「五辻殿跡と後鳥羽上皇」に掲載しています。

五辻殿跡は、京都市上京区にある石碑です。
石碑は、後鳥羽上皇の院御所を表しています。

◆後鳥羽上皇についての簡単な説明◆

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての天皇です。
三種の神器の継承なしに即位しました。

為仁 (土御門天皇) に譲位後、順徳、仲恭の3代にわたり、院政を行います。
そして、「鎌倉幕府の執権の北条義時を討て」という院宣を出しました。

この院宣、承久の乱を続きます。
結果、後鳥羽上皇は敗北して、隠岐島へと流されました。

後鳥羽上皇は、優れた歌人としても有名です。
「新古今和歌集」は、後鳥羽上皇の命によって編まれた勅撰和歌集です。

-終-

今回は、そんな後鳥羽上皇の院御所を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む