京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

金閣寺の龍門滝と鯉魚石。

金閣寺に、金閣を見に行った時の事です。
境内で、龍門滝と鯉魚石を見つけました。

その時の写真は、「金閣寺の鯉の滝登り」に掲載しています。

金閣寺についての簡単な説明

金閣寺は、京都市北区にあるお寺です。
正式名称は、鹿苑寺といいます。

境内で最も有名な建物が、金閣です。
内外に金箔を貼った建物は、3層楼閣建築と知られています。

元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘です。
それを、室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受けます。

そして、山荘北山殿を造りました。
それが、金閣寺(鹿苑寺)の始まりです。

-終-

今回は、そんな金閣寺の龍門滝と鯉魚石を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

続きを読む

菅原院天満宮の産湯の井戸。

菅原院天満宮を、訪れた時の事です。
境内で、産湯の井戸を発見しました。

その時の写真は、「菅原院天満宮の産湯の井戸」に掲載しています。

菅原院天満宮についての簡単な説明

菅原院天満宮は、京都市上京区にある神社です。
烏丸の天神さんとも呼ばれています。

祭神として、菅原道真とその父祖が祀られています
神社の場所は、菅原氏の邸宅「菅原院」が存在した所です。

菅原道真、父、祖父と三代が居住。
菅原道真の生誕の地と伝えられています。

菅原道真の生誕の地だけあり、境内には菅原道真のゆかりの遺物が存在しています。

その中でも、有名なのが産湯の井戸です。
井戸の水は、菅原道真の産湯に使われたと伝わっています。

-終-

今回は、そんな菅原院天満宮の産湯の井戸を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

続きを読む

西雲院の傀儡塚。

金戒光明寺から真如堂へ続く道を歩いていた時の事です。
途中で、西雲院の傀儡塚を発見しました。

その時の写真は、「西雲院の傀儡塚」に掲載しています。

西雲院についての簡単な説明

西雲院は、京都府京都市左京区にある寺院です。
金戒光明寺の塔頭となります。

滝川雄利の息女に仕えていた宗厳。
その息女の亡くなった時に出家しました。

その後、11年間修行を経て黒谷に戻ります。
そして、開山したのが始まりです。

会津藩士の菩提寺でもあります。

-終-

今回は、そんな西雲院の傀儡塚を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

続きを読む

日本最初の鉄筋コンクリート橋。

京都市山科区にある毘沙門堂を、訪れました。
その帰りに、琵琶湖疎水沿いを歩いて蹴上へと向かいました。

その時に、ある橋を発見。
日本最初のコンクリート橋です。

琵琶湖疎水についての簡単な説明

琵琶湖の水を京都市に流すために作られた水路の事です。
明治18年に建設が始められました。

第一疏水が完成したのは、明治23年の事です。
疏水工事は、外国人技術者の力を借りずに行われたのが特徴です。

山科区を流れる琵琶湖疎水沿いには、桜の木や菜の花が植えられており、春には美しい花を咲かせます。

京都の桜の名所の1つです。
地元の人だけでなく、多くの方が訪れて桜を楽しんでいます。

-終-

今回は、そんな琵琶湖疏水に架かる橋を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

続きを読む

願行寺の霧がくれの弥陀。

願行寺の前を通った時、気になる案内板を発見しました。
願行寺の仏像を紹介する案内板です。

この時の様子は、「願行寺の霧がくれの弥陀」に掲載しています。

願行寺についての簡単な説明

願行寺は、京都府宇治市にあるお寺です。
もとは慈心院尊勝寺と称していました。

小幡の関守清水勝宗が一門の菩提寺として、暦仁元年に慈心上人を開基として建立したのが始まりです。

その後、火災や応仁の乱で焼亡し、荒廃しました。
そして、天正4年に寺名を願行寺と改め再興、現在に至ります。

寺宝として、古仏が伝えられており、宇治市指定文化財に指定されています。

その寺宝の木造阿弥陀如来像は、「霧がくれの弥陀」とも呼ばれる仏像です。

-終-

今回は、願行寺の霧がくれの弥陀を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

続きを読む