京都旅行のオススメ

京都や他府県の旅行と観光関連の事を書いているブログです。おすすめではない情報もチラホラ。

【スポンサーリンク】

醍醐寺の五重塔。特徴と構造。

醍醐寺の五重塔は、市内で最も古い五重塔です。
高さは約38mの国宝の指定されている五重塔になります。

醍醐天皇の冥福を祈るため、朱雀天皇が起工。
完成は、村上天皇の951年の事です。

◆醍醐寺についての簡単な説明◆

醍醐寺は、京都市伏見区醍醐にあるお寺です。
真言宗醍醐派総本山になります。

本尊は、薬師如来。
開基(創立者)は、理源大師聖宝です。

理源大師聖宝が、上醍醐山上で地主横尾明神の示現を受けます。
貞観16年(874)の事です。

理源大師聖宝は、小堂宇を建立。
准胝、如意輸の両観音像を安置しました。

この事が、醍醐寺の始まりです。
その後、醍醐天皇の勅願により薬師堂を建立。

そして、五大堂や釈迦堂、五重塔などが作られます。

豊臣秀吉の「醍醐の花見」として有名なお寺で、現在も京都の桜の名所として人気が高いです。

-終-

今回は、そんな醍醐寺の五重塔を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

続きを読む

東寺の五重塔。特別拝観で内部見学可能。

東寺の五重塔は、京都のある意味象徴です。
一目見て、京都だと分かる建造物だと思います。

そんな東寺の五重塔は、外からだけなく内部からも楽しめます。
内部の見学は、特別拝観の時のみ可能です。

◆東寺についての簡単な説明◆

東寺は、京都市南区にあるお寺です。
真言宗の根本道場で、真言宗全体の総本山になります。

建暦13年(794)に、平安京が造営されました。
その2年後に、羅城門の東西に2つの寺院が建立されます。

その寺院の1つ、羅城門の東側に建ったのが東寺です。
左大寺や教王護国寺とも言われています。

もう1つの寺院である西寺は、衰退し無くなりました。
現在は、東寺しか現存していません。

平安京鎮護のため建てられた東寺。
その後、嵯峨天皇より空海へ下賜されます。

そして、真言密教の根本道場として栄えました。
境内には、国宝の金堂や大師堂が建っています。

京都のシンボルである五重塔も、東寺にある国宝の建造物の1つです。

-終-

今回は、そんな東寺にある五重塔を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

続きを読む

西本願寺の飛雲閣修復現場特別公開。

西本願寺にある国宝・飛雲閣。
現在、その飛雲閣は、修復が行われています。

修復期間は、2020年3月までです。
そんな修復中の飛雲閣の特別公開が行われます。

◆飛雲閣についての簡単な説明◆

西本願寺は、京都市下京区にあるお寺です。
浄土真宗本願寺派の本山になります。

親鸞聖人が亡くなった後、その娘の覚信尼が知恩院の近くに廟を建てて御影堂としたのが始まりです。

各地を転々と移転した後、天正19年(1591)に現在の場所に移りました。

境内には、御影堂や阿弥陀堂など、多くの建造物があります。
飛雲閣も、西本願寺の境内にある建造物の1つです。

京都三名閣(※)の1つで、国宝に指定されています。
(※残り2つは、金閣と銀閣。)

豊臣秀吉が建てた聚楽第の一部とも言われる飛雲閣。
三層からなる楼閣建築です。

-終-

今回は、そんな飛雲閣修復現場特別公開を紹介します。
何かの役に立てば、幸いです。

続きを読む

京都の五重塔、全4選。

京都市内には、全部で4つ五重塔があります。
五重塔があるお寺は、次の通りです。

東寺、醍醐寺、仁和寺、法観寺になります。

◆五重塔についての簡単な説明◆

五重塔は、仏塔の1形式です。
仏塔とは、仏舎利を祀るために造られた塔になります。

仏塔の中でも、五重の屋根を持つものが五重塔です。
初層は内陣と呼ばれる部屋で、仏像や壁画が安置されています。

2層以上は中空で、部屋になっていません。
日本全国に五十塔があります。

その中でも、木造で国宝の五十塔は11あります。
最も古い五重塔は、法隆寺の五重塔です。

また、日本一の木造建築物を誇るのが、東寺の五重塔になります。
京都を代表する五重塔の1つです。

東寺の五重塔は、国宝に指定されています。
同じく京都にある五重塔で、醍醐寺のものも国宝です。

-終-

今回は、京都の五重塔を紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む

西本願寺と東本願寺の違い。

京都には、2つの本願寺があります。
どちらも京都駅から徒歩圏内に、存在しているお寺です。

どっちがおススメとかは、正直ありません。
どちらも歩いて行き来出来るので、両寺の観光がおススメです。

◆西本願寺についての簡単な説明◆

西本願寺は、京都市下京区にあるお寺です。
浄土真宗本願寺派の本山になります。

文永9年(1272)に、宗祖・親鸞聖人の末娘覚信尼が京都の東山大谷に建立した廟堂が始まりです。

その後、大阪や和歌山などに寺地を移します。
現在の地へ移ったのは、天正19年(1591)の事です。

現在の場所の寺地を寄進したのは、豊臣秀吉です。
そして、慶長7年(1602)に、東西に分立しました。

御影堂と阿弥陀堂は、国宝に指定されています。
また、桃山文化を伝える唐門も国宝の建造物です。

京都の世界遺産の1つに登録されています。

-終-

◆東本願寺についての簡単な説明◆

西本願寺は、京都市下京区にあるお寺です。
真宗大谷派の本山になります。

慶長7年(1602)に、本願寺から分立。
徳川家康から寺地を寄進され、現在の地に建立しました。

御影堂は、世界の中でも最大級の木造建築です。
また、阿弥陀堂には、本尊の阿弥陀如来を安置しています。

飛地境内地の渉成園は、石川丈山による作庭です。
京都の桜の名所にして穴場で、密かに人気があります。

-終-

今回は、西本願寺と東本願寺の違いを紹介します。
何かの参考になれば、幸いです。

続きを読む